501st Legion Japanese Garrison

Japan Chapter of the 501st Legion

未分類

11/22-23 川崎ろう学校出動リポート

川崎市の川崎市立ろう学校文化祭「かしわ祭」へ出動いたしました!!

11/22
今回の出動は久々に小さな子ども達が多数いらっしゃるとのことで、
泣き出す子がいないか、多少不安な気持ちも抱えながら当日を迎えました。

生徒・児童さんには私たちの登場は内緒で、当日のサプライズ企画だったそうです。

学校へ到着し、準備を整え、いざ出動!!
ちょうどお昼の時間ということもあり、帝国軍は食堂を制圧に。

食堂の入り口からそっと入っていくと、やはり、最初はお子さんたちの阿鼻叫喚の渦・・・
でも、こちらから手を振ると、振りかえってくれたり、握手を求めると
恐る恐る握手を返してくれました。
頭をなでたりしていると、警戒心も薄れたのか、笑顔になってくれました。
なでられながら固まっているお子さんもいましたが・・・(笑

食堂でぞんぶんに子どもたちと触れ合った後は、校舎2Fのゲームコーナーへ。
こちらでは生徒さんが作られたダーツ、射的、ストラックアウトなどのゲームが行われていました。
そこへストームトルーパーの登場。ここでも反応は食堂のときと同様、驚きと歓声と悲鳴の嵐です。
私たちが手を振ったり握手を求めてみると、お子さんたちも進んで握手に応じてくれました。
また写真を一緒にとる際は、私たちと同じような決めポーズをとったりしてくれました。だんだんノリがよくなってきた様子。

初日も終盤の方となると、お子さんが抱きついてきたり、
手を引っ張っていろいろな場所へ案内してくれたり、
ゲームを一緒にやってくれたりと、だいぶ慣れてくれたようでした。

皆さんを喜ばせるために出動したつもりが、皆さんの笑顔で私たちのほうが元気付けられました!
子どもたちの笑顔の力はすごい!と実感した1日でした。

11/23
2日目の出動には新たにダース・ベイダーが登場。
前日のストームトルーパーの登場である程度慣れていたお子さん達も
黒く背の高い怪物の登場は再び恐怖心を煽ってしまったようで、またまた泣き出すお子さんが続出しました。

前日トルーパー軍団に警戒心を持っていたお子さん達は、2日目は、トルーパーと鬼ごっこをするなど、警戒心も薄れ、楽しく遊んでいただけたようです。また時間がたつにつれ、ダース・ベイダーへの警戒心は興味へと変わり、多くの方と一緒に写真を撮っていただきました。
また、高校生くらいの方々は、キャラクターをわかっていただいているようで、『やばい!すごい!』などといいながら、みんなで集合写真を撮りました。
ゲームコーナーで、祭の時間が終わるまで楽しいふれあいのひとときを過ごさせていただきました。

この2日間、私たちもわずかながら簡単な手話を覚え、たくさんの方とコミュニケーションが図れました。
また、私たちの存在をTVで知り見学に来てくださった方々とも話をする機会を持つことが出来ました。
今回は、小さなお子さんから年配の方まで、様々な世代の方々の笑顔に触れることができました。

最後にろう学校の方から、来ていただいてありがとうございましたと感謝の言葉をいただきましたが、
私たちの方こそ笑顔をいただいて、感謝の気持ちでいっぱいです。

今後もさまざまな活動を通じ、皆様の笑顔が見られたらと思います。

(投稿:TK5963)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Recent Articles

More