December 2008 Archives

gamestokyo2008_01.jpggamestokyo2008_02.jpggamestokyo2008_03.jpggamestokyo2008_04.jpggamestokyo2008_05.jpggamestokyo2008_06.jpggamestokyo2008_07.jpggamestokyo2008_08.jpggamestokyo2008_09.jpggamestokyo2008_10.jpg

GAMES TOKYOは年に一度、東京お台場で2日間にわたって開催されるモータースポーツのビッグイベント。
今年も2輪ファン、4輪ファンが大勢駆けつけました。

今回の私たちの任務は、来場されるお客さんと一緒にイベントを盛り上げること、FMXパフォーマンスエリアの確保、そしてメイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパンの基金活動支援です。
一見ファン層の全く異なる世界がどうコラボレートしていくのか!? 主催者も私たちも未知数なる2日間を体験することになりました。

●1日目
会場はメインステージとサブステージに分かれ、サブステージそばではFMXと呼ばれるフリートライアル・バイクパフォーマンスが行われました。そのパフォーマンスエリア確保が最初のミッション。
通常はカラーコーンなどをおいて確保を行うそうですが、コーン類は一切なし!私たちはパフォーマンスエリアの境界線を作るためにお客さんを誘導しますが、なにせ視界の悪いコスチュームでの警護ですからホントに単なる誘導程度です。観客と目と鼻の先ギリギリの距離でフリーパーフォーマンスが繰り広げられました。薄々イヤな予感はしていたのですが、帝国軍もパフォーマンスの餌食に・・・(笑 コスチュームをかすめる距離で眼前を走り抜けたり、ウィリーしながら極度に狭い半径でぐるぐる回ったりと、常人の想像をはるかに超えるパフォーマンスでした。横になって寝そべった5人の頭上をバイクで飛び越えたりするなど、参加した観客も大興奮でした。

メインステージでは、FMXやドリフトなどのパフォーマンスが行われている際に、お客さんを煽って盛り上げるという任務を引き受けました。FMXはジャンプ台へモトクロスのバイクで駆け上がり、ジャンプして極めつけのトリックを披露するというもの。ジャンプ中にバイクから手を離したり、バイクを一回転させたりしながらお客さんをあおっていました。続くドリフトでは、ホイルスピンで立ち上る煙に圧倒!五感全てに響くド迫力でした。

興奮のイベント1日目もあっという間に終わり、出動は無事終了!
2日目は1日目よりもお客さんは多いからね〜と言われました。明日はもっと盛り上げるよ!

●2日目
1日目にいわれていたとおり、朝から人の波が!!
誰もイベントを楽しみにしているんだなぁと思いつつ、最初の任務へ。メンバー皆気合い十分で臨みました。

最初の任務はキャンペーンガールを撮影会の行われるサブステージにエスコート。控え室に待機しているキャンペーンガールの皆さんをストームトルーパーとベイダーが迎えに行き、ステージへと連れて行くというものです。
彼女たちの周りを囲んで歩いていたわけですが、ストームトルーパー+ベイダー+キャンペーンガールの組合せは非日常のシーン以外のなにものでもありません(笑)サブステージに無事到着し、撮影が始まると私たちもキャンペーンガールと一緒にポージング!
たぶん多くの撮影者のカメラにいい写真が納まったと思います(笑)

撮影が終わると昨日と同様にFMXのためのエリア確保の開始です。1日目よりも人が増え少し苦労しましたが、エリア確保は無事完了!
2日目のパフォーマンスもすばらしく、観客が見とれているところに、パフォーマーの方がベイダーの方へ近づいてエリア中央に連れて行き、ウィリーしながらベイダーの周りをぐるぐると回りだしたり、スピードをつけながら、すれすれに走り抜けたりしはじめました。普段はありえないベイダーのピンチに観客もヒートアップ!
また、人をジャンプして飛び越えるパフォーマンスでは、多くのお客さんが参加したい!と希望の手を上げるなど、2日目のパフォーマンスも好評で大いに盛り上がりました。

2日目も1日目と同様、空き時間は会場内を歩き回ったり、ブースの前で写真撮影などをしていましたが、多くのお客さんから一緒に写真をとりたいといっていただき、子どもたから握手を求められたりなど、楽しいひとときを過ごしました。

そして2日目もメインステージでのイベントの盛り上げです!
メインステージ横でしばらく登場待ち時間が出来ましたが、プチ撮影会状態に(笑)いよいよ時間となり、ステージへ上がると、1日目には無かったMCの方との絡みです。ベイダーとトルーパー2名がメインステージに上がり、MCとちょっとした小芝居(笑)を交えました。「ホントはフォースなんて使えないんでしょう?・・・う!ムグググ!?」MCさんノリがいい!
この日は風が強く、FMXをやるにはちょっと風圧が危険と思われていましたが、そこはさすがのパフォーマー、
ワクワクして待ち望んでいるお客さんのために、時間の許す限り素晴らしいパフォーマンスを披露してくれました。

イベントの締めくくりは、今回のイベントに参加されたパフォーマーやレーサーの方々から提供された貴重な品物のチャリティーオークションです。
実際にレースで使用していたものなどが出品され、多くのお客さんから入札の声が上がりました。寒空の下、主催者と観客が一体になった時間でもありました。

今回、私たちは盛り上げ役に徹していたわけですが、実は観客を盛り上げながらも一番の特等席で迫力のシーンを見られたのは私たちかもしれません(笑)
主催者の皆さん、お招きいただきありがとうございました!

GAMES TOKYO2008 公式サイト:http://www.games-japan.com/

 (寄稿:TK5963、12/26追加更新しました)

About this Archive

This page is an archive of entries from December 2008 listed from newest to oldest.

November 2008 is the previous archive.

January 2009 is the next archive.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Twitter