Trooper Survival Guide

アカウント取得前、フォーラムをご利用いただく前にお読み下さい。
To use this forum system or to obtain your account, please read this forum first.
フォーラムルール
アカウント取得の前に必ずご一読ください。
viewtopic.php?f=2&t=1
アバター
Two
GWM
記事: 10017
登録日時: 2011年11月25日(金) 14:37
TKID: 6904
Member since: 2005 7 31
Real Name: Takefumi Tenshima
お住まい: 神奈川県川崎市
連絡する:

1.6.4 Trooping: 1.6.4.1-1.6.4.3

投稿記事 by Two » 2013年2月10日(日) 00:23

http://www.501st.com/databank/TrooperSu ... Trooping_2

1.6.4 Trooping
1.6.4 トルーピング


Trooping is why we are all here, the important thing is to have fun, entertain the crowd and stay safe and healthy. There are two potential dangers that can easily be overlooked while trooping, Heat Exhaustion and Hypothermia. Heat exhaustion occurs when your body gets overheated and can no longer support its natural cooling mechanisms, See side bar for more information on the symptoms and treatment of heat exhaustion and heat stroke. Hypothermia, although less common for a trooper that heat exhaustion is a potential danger in colder climates or at outdoor events in a cool, wet and windy environment such as a parade, see side bar on the symptoms and treatment of hypothermia.

トルーピングこそが我々の存在理由であり、重要なことは自身が楽しみ、観衆を喜ばせ、そして安全で健康に留意することだ。
トルーピング中には、熱疲労と低体温症という2つの見落としがちな潜在的危険性がある。熱疲労は体温の上昇により発生し、自然冷却では体温を下げることが難しくなりうる。熱疲労や熱中症の症状、治療についての詳細は、サイドバーを参照してほしい。
トルーパーにとって熱疲労と共通に危険なのは低体温症であり、寒い気候下でのパレードや、汗や雨で濡れた体が冷たい風にさらされるような環境での屋外イベントで発生する。低体温症の症状や治療はサイドバーを参照してほしい。

1.6.4.1 Arrive Early
Check in with your fellow Legion Members and the event coordinator when you arrive at the event. If you are the first trooper there, check in with the event sponsor or venue point of contact. If possible, before you suit up, walk the venue or area you’re going to be trooping look out for potential hazards, choke points, and blind steps.

●Use bathroom BEFORE getting into armor.
●Don’t troop if you are sick, dizzy, tired or under special medication.

1.6.4.1 会場には早めに到着しよう
イベント会場には、参加リージョンメンバーの仲間とイベントコーディネーターとともに会場入りするようにしよう。
会場に一番早く到着した場合は、イベントのスポンサーと一緒に会場入りするか、集合場所を確認しよう。
可能であれば、アーマーを着用する前に、トルーピング予定の場所の障害物や階段などを下見をするようにしよう。

●アーマーを着用する前にトイレに行っておくこと
●風邪を引いていたり、倦怠感、疲労感、特別な病状がある場合はトルーピングをしないこと

1.6.4.2 Hydration is Important
Make sure you have enough food and drink during the whole trooping time (as trooping is quite exhausting, especially for beginners). The nature of our costumes and trooping events can put a lot of stress on a trooper. Always make sure to take frequent breaks and stay well hydrated. You may not always feel thirsty when taking a break but you may still be getting dehydrated, so grab a quick drink whenever possible. The lack of breaks and proper hydration can lead to heat related illnesses even under mild conditions.

1.6.4.2 水分補給は重要
トルーピングを行うにあたり、十分な食料と水分を摂取しているか自身で確認しよう。(特にトルーピング経験が浅いものにとっては非常に体力を消耗するものである)
アーマーの性質やトルーピングイベントは、非常に多くの負荷を与えるものである。
頻繁に休憩を取って、十分な水分補給を取れるようにしよう。
休憩中、喉の渇きがなかったとしても脱水症状になり得るので、可能な限り水分補給はまめにすること。
適温な環境下であっても、少ない休憩時間や水分不足は熱中症やその他の病気を引き起こす原因となる。

1.6.4.3 Heat Exhaustion and Heatstroke
Heat exhaustion: Heat Exhaustion is a condition whose symptoms may include heavy sweating and a rapid pulse, a result of your body overheating. It's one of three heat-related syndromes, with heat cramps being the mildest and heatstroke being the most severe.

Causes of heat exhaustion include exposure to high temperatures, particularly when combined with high humidity, and strenuous physical activity. Without prompt treatment, heat exhaustion can progress to heatstroke, a life-threatening condition. [1]

Signs and symptoms of heat exhaustion may come on suddenly or may develop after days of heat exposure. Possible heat exhaustion signs and symptoms include:
●Cool, moist skin with goose bumps when in the heat
●Heavy sweating
●Faintness
●Dizziness
●Fatigue
●Weak, rapid pulse
●Low blood pressure upon standing
●Muscle cramps
●Nausea
●Headache

Heatstroke: Heatstroke is a life-threatening condition that occurs when your body temperature reaches 104 F (40 C) or higher. Heatstroke can be brought on by high environmental temperatures, by strenuous physical activity or by other conditions that raise your body temperature.

Heatstroke is the escalation of two other heat-related health problems: heat cramps and heat exhaustion. In these conditions, you develop signs and symptoms that are milder than those of heatstroke. You can prevent heatstroke if you receive medical attention or take self-care steps as soon as you notice problems. [2]

Heatstroke symptoms include:
●High body temperature. A body temperature of 104 F (40 C) or higher is the main sign of heatstroke.
●Lack of sweating. In heatstroke brought on by hot weather, your skin will feel hot and dry to the touch. However, in heatstroke brought on by strenuous exercise (trooping), your skin usually feels moist.
●Flushed skin. Your skin may turn red as your body temperature increases.
●Rapid breathing. Your breathing may become rapid and shallow.
●Racing heart rate and strong pulse (tachycardia).
●Headache. You may experience a throbbing headache.
●Neurological symptoms. You may have seizures, lose consciousness, hallucinate,
●Difficulty speaking or understanding what others are saying.
●Muscle cramps or weakness. Your muscles may feel tender or cramped in the early stages of heatstroke, but may later go rigid or limp.

Avoiding Heatstroke and Heat Exhaustion
●Take Frequent Breaks
●Stay Hydrated: Drink plenty of fluids before during and after a troop. Water and "sports drinks" are the most beneficial to help avoid dehydration. Alcohol and sodas should be avoided as they can actually aggravate your dehydration.
●Listen: One of the symptoms of heatstroke mentioned above is a decrease in mental understanding. You may not be aware that you are developing symptoms of a heat illness. So, listen to your handlers, if a handler or fellow trooper tells you it's time to take a break do it.
●Don't be a Hero: Even if your in a parade or other venue where there isn't an easy exit or place to get out of view of the public if you start experiencing symptoms of heat exhaustion or heat stroke get to the side, find shade, sit down if possible, get your bucket off, get a handler to help, find water, rest. It is much better to have you break character in public than to have you pass out in public.



1.6.4.3 熱疲労と熱射病
熱疲労:熱疲労は、多量発汗、頻脈、発熱等を含んだ症状である。
これは熱に関連す症候群のひとつであり、熱けいれんは、熱射病のなかでも最も危険とされている。

熱疲労の原因は、高温で特に高湿度との組み合わせの環境下における激しい運動によるものである。
迅速な治療がなされなければ、熱中症は生命にかかわることもある。 [1]

熱疲労の徴候や症状は突然発症する可能性があり、数日後に発症する可能性もある。
熱疲労・熱中症の主な兆候・症状:
●高温下であるにも拘らず、皮膚が冷たく、鳥肌が立つ
●重発汗
●脱力感
●目まい
●疲労感
●弱頻脈
●たちくらみ
●筋肉の痙攣
●吐き気
●頭痛

熱射病(熱中症):熱射病(熱中症)は、体の温度が104 Fを(40℃)以上に達した場合に発生し、命にかかわる状態である。
熱中症は、激しい運動、または体温を上昇させる諸々の条件により、高温環境によって発症する。

熱中症は他の2つの熱に関連する熱けいれん、熱疲労の症状をエスカレートさせる:医師の診察を受けたり、異常を感じたら即座にセルフケアを行うことで熱中症を防ぐことができます。 [2]

熱射病の症状:
●高体温  (40℃)以上の体温は熱中症の主な兆候です。
●無発汗 高温下による熱中症では、肌は熱く、触れると乾いた感じになります。しかし、激しい運動(トルーピング)後は、汗をかいていて水分があると勘違いしやすいので注意。
●肌の紅潮化 体温が上昇すると肌が赤色にすることがあります。
●過呼吸 呼吸が急速に浅くなることがあります。
●心拍数と強い鼓動(もしくは頻脈)
●頭痛 ズキズキとした痛み。
●神経学的症状 幻覚や意識を失うような発作の可能性があります。
●ろれつがまわらない、人が何を話しているのかわからない。
●筋肉のけいれんや痛み 初期段階では痙攣や痛みを感じるが、しばらくすると筋肉が硬直し足を引きずるようになる。

熱中症や熱疲労の予防
●休憩をこまめにとる
●水分を欠かさない:トルーピングの前後に多くの水分を取ること。水と"スポーツ飲料"は、脱水症状を避けるために有効。
  アルコールや炭酸飲料は、脱水症状を悪化させることがあるので避ける必要がある。
●聴く:上記の熱中症のひとつに、注意を聞かないことが挙げられる。体内で熱中症の症状が進行していることに気づかない可能性がある。なので、イベントリーダーに耳を傾け、彼らが「休憩を」と言えば、それに従い休憩をとるようにしよう。
●ヒーローになろうとしない(無理をしない):もし、熱中症等の症状が現れ始めた場合は、例えパレード最中であっても、姿を一時的に隠せる場所がなかった場合でも、イベントリーダーに助けを求め、即座に列から外れて、日陰を見つけて座り、マスクを外して水を飲み休憩してください。
あなたが公共の面前で倒れてしまうよりも、キャラクターイメージが壊れたほうがはるかにマシだ。
画像
Two TK/ID/IC6904, Forum Administrator, soon to be a TB(60% done)
Follow my Twit! http://twitter.com/tk6904

アバター
Two
GWM
記事: 10017
登録日時: 2011年11月25日(金) 14:37
TKID: 6904
Member since: 2005 7 31
Real Name: Takefumi Tenshima
お住まい: 神奈川県川崎市
連絡する:

1.6.4.4 Trooping Etiquette to 1.6.4.7 Interviews

投稿記事 by Two » 2013年2月10日(日) 00:24

http://www.501st.com/databank/TrooperSu ... _Etiquette

1.6.4.4 Trooping Etiquette
1.6.4.4 トルーピングにおけるエチケット


●Always behave as a stormtrooper is expected to, don’t force public to do things they don’t want (being prisoners... and so on).
●Watch out for kids, they are short and our field of view isn’t the best. You don’t want to hit them by accident
●Be polite
●Always carry extra batteries for your fans.
●If you had been asked for something you are not sure about, always send them with your officers! Do not invent an answer!!!
●Always make reference to your local unit website and 501st website
●Remember: We DO NOT SELL anything!!!! We make our own costumes.
●Never troop alone! always have some friend with you (cases where you are a lone trooper in your area)
●DO NOT expect ANYTHING in return. Don’t expect free parking, don’t expect food, don’t expect gifts, they may happen but don’t expect them.
●Remember to take a break every now and then.
●Always be aware of your surroundings

●常にストームトルーパーとして求められる行動をし、一般の方が嫌がるような行為は強制しないこと(捕虜や囚人のようにすることなど・・・)
●子供には十分気をつけること。子供は小さく、我々の視界に入りにくい。事故だとしても子供を怪我させたくはないはずです。
●礼儀正しくあること。
●一般の方から何かを求められた場合、それが何かわからない時はオフィサーに任せること。勝手に独自判断をしないこと。
●常日頃から所属部隊、リージョン本部のWebサイトを参照しておくこと。
●注意:我々は何も販売をしていない!!!自分達でコスチュームを作成している。
●決して単独でトルーピングはしないこと!必ず友人等と一緒に!(自分の在籍エリアにメンバーがいない場合に限り)
何の見返りも期待してはならない!無料駐車場、食事、ギフト等、時に先方からの申し出があるが、こちらから期待してはならない。
●休憩を適宜取るようにすること。
●常に周りの環境に気を配り、気をつけること。

Even if you are in costume and not a handler, be mindful of your fellow troopers and if you notice someone badgering them, get a handler or step in yourself and discreetly move the trooper out of the situation.

あなた自身がアーマーを身に着けていて、且つサポートメンバーがいなかったとしても、仲間のトルーパーに気を配り、もし仲間が一般の方になじられているような困難な状況下であった場合は、、サポートメンバーに頼むか、あなた自身が慎重に間に入るなどして、その状況を改善する。

●Always walk with a wall behind you (don’t think anything funny guys ), because there is always THE idiot willing to look smart in front of his friends to sneak behind and grab the detonator or steal your gun in the holster (breaking the whole belt by doing so).
●Watch out for people who are too enthusiastic... they could be dangerous for your costume. Over friendly hugs really hurt when in full costume

●常に壁を背にするようにしよう(変な意味でなく)。中にはあなたの正面に友人を立たせ、あなたの背後から忍び寄りデトネーターやブラスターを取り上げようとする輩もいるからだ。(そうされることでベルト全体が破損してしまうこともある)
●熱狂的なファンにも気をつけよう。。。彼らはあなたのアーマーにとって脅威となりえる。異常なまでのハグは、アーマーを着ているものにとって非常に痛いものである。

Trooping and physically or mentally challenged
トルーピングにおける心身障がい者への接し方

●Treat them as you would anyone else in a friendly manner and with respect.
●Don't push, if they don't wish to interact with you, move along, move along. (this should be true of anyone you meet while in costume)
●Don't "react" to their disability.
●Get down on their level, if possible. Kneel, play "peek-a-boo" (give them a peek under your lid to show you're a person in there).
●If they wish to communicate with you then be patient, take your time.
●Be friendly and cheerful.

●誰であろうと敬意をもってやさしく接すること。
●強要しないこと。もし彼らがあなたと戯れたいと思わないようなら、さっとどこかへ移りましょう。"Move along, move along"
●障害に対し、過敏に反応しないこと。
●可能ならば彼らの目線まで屈み、「いないいないばぁ」のような遊びをしよう。
●あなたと話したいようであれば辛抱強く、時間をかけて接しましょう。
●フレンドリーに明るく振舞いましょう。

1.6.4.5 Handler
1.6.4.5 サポートスタッフ


The handler or Imperial Support Staff is a vital part of any successful troop. You are the eyes and ears of your fellow troopers. It is your job to keep everyone safe, on time and damage free. You will likely be asked questions about the Legion and be asked to take photos of people with the troopers.

サポートメンバーや帝国軍サポートスタッフは、トルーピングを成功させる上で非常に重要です。
彼らはトルーパーたちの目となり、耳となるのです。
全員を安全に、且つ時間通りに事故が無いよう見守ることが役割です。
501stについての質問をされたり、写真を撮るよう頼まれたりすることがあります。

●Be the eyes and ears of the armored troopers:
●Watch out for children that get underfoot easily, so they don’t get stepped on or whacked with a blaster or backpack. Children are a big part of any event, since they love stormtroopers, and are usually a little too overjoyed to see them. (Some adults act the same way too)
●Stop the troopers when someone wants a picture and you have time, if not try to play ambassador and let them know you’re in a hurry to get somewhere.
●If the event has specific times and places for things “herd” the troopers to where they need to be when.
●Be the time keeper, keep the troop on schedule. Often troopers will need to be somewhere specific at an event. If the troops need to be somewhere keep an eye on the time, at a reasonable time before they need to be there, politely inform the people around the troops that they need to go and escort the troopers to their new destination. You might want to add some extra time because invariably they will get stopped along the way for “just one more picture”
●Remind the troops of breaks and make sure they take them. From time to time, about every half hour or so, check in with your helmeted characters to make sure they are doing ok, this can be a simple as a look and a “thumbs up sign” or discreetly stepping up and asking how they’re doing. If the troops need a break politely let the public know that your trooper needs to go for a few minutes and escort them back to the pre-event staging area / dressing area.
●Act as a buffer / body guard for the troop. (Someone always wants to push Vader’s Buttons or try to “steal” a nice E-11 Blaster, hijack a thermal detonator, or stick stickers on the armor.)

●アーマーを身に着けたトルーパーたちの目となり、耳となりましょう。
●バックパックやブラスターが子供達にぶつからないように気をつけましょう。彼らは簡単に視界の悪い足元に飛び込んできます。
 どんなイベントでも子供が大部分を占めていますが、ストームトルーパーが大好きな彼らは、トルーパーを目の当たりにすると大はしゃぎしてしまいます(大の大人もそういう時がありますが)
●写真を撮りたがっている人がいて時間に余裕がある場合は立ち止まってあげましょう。時間に余裕がない場合は、使い役を演じるなどして急いでいることを伝えましょう。
●イベントに特定の出演時間や場所がある場合は、トルーパーを団体で行動させ、いつどこに移動させるかを明確にしておきましょう。
●タイムキーパーとなり、トルーパーたちをスケジュールどおり行動させよう。イベントによっては、トルーパーを特定の場所に立たせるよう要望がある。もしどこか特定の場所にトルーパーを立たせる必要があるならば、周りの一般の方に丁寧に移動しなければならないことを告げ、時間に注意しながら余裕を持ってトルーパーたちを誘導するようにしよう。「もう一枚だけ!」お願いされることを考慮に入れて、時間的に余裕を持てるようにしよう。
●必ず休憩を取ることを忘れずに。適度な時間ごと、毎30分ごとにでも、アーマーを着用しているメンバーが大丈夫であるかをチェックしよう。親指を立てるOKサインや、近づいて「大丈夫?」と確認するようなシンプルな方法である。もしトルーパーに休憩が必要な場合は、一般の方に数分その場を離れることを丁寧に伝え、ステージ裏や控え室に誘導しよう。
●要約してしまうと、トルーパーのボディーガードのようなものだ。(ベイダーのチェストボタンを押そうとしたり、イケてるE-11ブラスターを持っていこうとしたり、サーマルデトネーターをパクろうとしたり、アーマーにシールを貼り付けようとする輩が常にいるものだ)

1.6.4.6 Parades
1.6.4.6 パレード


Parades are special cases. Frequently a parade organizer will set specific rules and limits on non-costumed support personal. In a televised parade you may be requested to march on a specific side of the troopers so as to minimize the possibility of you being in the television shot. Parade duties typically include taking photographs of your troopers, picking up bits and pieces of dropped armor (watch for hand back plates and thermal detonators) and herding cats. Troopers like to interact with the crowd and my have a tendency to slow down or get side tracked by photo requests, Keep them moving.

パレードは特殊なケースである。しばしば主催者によって、特殊なルールを設けたり、コスチュームを身に着けていないサポートメンバーの制限をすることがある。テレビで放映されるようなパレードでは、極力テレビに映らないようにトルーパーの横を歩くよう求められることもある。
パレードにおける基本的な役割はトルーパーの写真を撮り、アーマーの落下パーツ(特に手の甲のパーツやサーマルデトネーターなど)を拾うことである。トルーパーは観衆の写真撮影の要望に応えようと、歩くペースを遅らせたりするが、きちんと歩かせるようにしよう。

If you are a photographer at any given event:
イベントにおける写真撮影役であった場合


●Ttry to cover as much of the event as possible, taking pictures of as many of the costumers as you can.
●If there are multiple photographers, split the venue/workload in half for more coverage.
●The expectation of a photographer is that they record the event to the best of their ability, with fairness and equity, and provide the photographs within a reasonable amount of time (a week or two at best).
●With that said, the first duty of any wrangler is to the costumers, photography is secondary.

●できる限り、イベントの概要や多くのコスチューマーを写真に収めるようにしよう。
●写真係が何名かいる場合は会場撮影や活動模様といったように役割分担をして撮影しよう。
●写真撮影スタッフに期待されることはイベントを満遍なく記録し、その写真をイベント終了後の適切な時期(1、2週間後が望ましい)に提供することである。
●付け加えて述べるのであれば、第一に優先すべきはコスチューマーのケアであり、写真は二の次である。

1.6.4.7 Interviews
1.6.4.7 インタビュー


When being interviewed by members of the press, or independent media producers it is important to maintain the distinction between Lucas Film and the 501st Legion. While we are typically happy to grant interviews requests for interviews need to be evaluated to make sure that we will not be put into a situation where we may be requested to speak on topics not related to the 501st. Legion.

報道関係者や、インディペンデント・メディアのプロデューサーからインタビューされるとき、ルーカスフィルムと501stリージョンの区別をしっかりすることが重要である。通常は我々がインタビューを受け容れることは喜ばしいことではあるが、501stリージョンに無関係な話題について話すよう依頼されそうな状況にはならないように気をつけよう。

Lucas Film has requested that when conducting an interview we do so with "buckets off" to make a clear delineation between our membership and the characters we portray. For example it's appropriate for us to discuss specific charity involvement as a member but not appropriate for Darth Vader to say that "XYZ Foundation" is his favorite charity.

インタビューを受ける際には”マスクを外し”、我々ファンクラブのメンバーシップと、劇中のキャラクターとの区別を明確にするようにルーカスフィルムから念をおされている。例えとして、我々がメンバーとして特定の慈善団体を語るのはおかしくないが、ダース・ベイダーが、独自に好んでいる「○○への寄付」と発言するのは適切でない。

Interview Tips
●Buckets off: Identify your self as a member of the 501st either by name or TK-ID.
●Avoid controversial topics: No discussions of Religious or Political issues.
●Promote the Legion in a favorable light.
●Be Positive: Don't comment negatively on other Costuming Groups and Star Wars organizations.
●We Build our own costumes: stress that our costumes are all fan made.

インタビューにおけるヒント
●マスクを外す:501stのメンバーであり、名前もしくはTKIDを述べ、自身を明確にすること。
●論争の的になる議論を避ける:宗教や政治に関する議論はしないこと。
●好意的に501stを紹介すること。
●ポジティブ/友好的に:他のコスチューミング団体やスター・ウォーズのファンクラブに関する否定的な発言はしない。
●自作のコスチューム:我々のコスチュームは全てファンメイドの自作であることを強調する。

Talking Points
●The Legion officially began in 1997.
●We currently have over 8000 members.
●The Legion currently occupies approximately 40 countries world wide.
●The 501st Legion is a totally volunteer organization
●How do I join: Visit http://www.501st.com
●Discuss your Garrison troops and accomplishments.
●Discuss your Detachment
●Mention Kids and Fun.
●We don't "get paid to troop" : Mention our charitable contributions and activities.

ポイント
●公式には501stリージョンは1997年に発足した。
●現在8000人以上のメンバーが在籍している。
●現在世界約40カ国をカバーしている。
●501stは純粋にボランティア団体である。
●入隊方法:http://www.501st.com を参照。
●自分の所属部隊とその活動成果について語る。
●自分の所属しているデタッチメントについて語る。
●子供と楽しさへの言及。
●トルーピングすることにお金は発生しない:我々のチャリティー活動や寄付金に関することを述べる。
画像
Two TK/ID/IC6904, Forum Administrator, soon to be a TB(60% done)
Follow my Twit! http://twitter.com/tk6904

アバター
Two
GWM
記事: 10017
登録日時: 2011年11月25日(金) 14:37
TKID: 6904
Member since: 2005 7 31
Real Name: Takefumi Tenshima
お住まい: 神奈川県川崎市
連絡する:

1.7 Care and Feeding of Your Costume

投稿記事 by Two » 2013年2月10日(日) 00:25

http://www.501st.com/databank/TrooperSu ... ur_Costume

1.7 Care and Feeding of Your Costume
1.7 アーマーの手入れ


1.7.1 Pre Troop Briefing
1.7.1 トルーピングをする前に


●Unpack everything.
●Inspect your Armor, and or Hard props
●Ensure that your armor is free of cracks, dents, large scratches
●Fans are working inside your helmet
●Hard parts are clean and polished
●Inspect your footwear, make sure the sole is securely attached and the entire boot is presentable.
●Inspect your soft parts for storage damage. Iron or dry clean your soft parts where applicable.
●Repair any damage.
●Re glue things.
●Replace Velcro.
●Buff scratches.
●Touch up paint dings.
●“Magic Erasers” are great for removing marks on TK armor.
●Plastic polish.
●Ensure that you have everything packed and ready to go before your troop. An ounce of prevention is worth more than a pound of cure.

●全て梱包を解く
●アーマー、およびハードパーツ、小道具を点検
●アーマーの割れ、へこみ、大きな傷がないことを確認
●ヘルメット内のファンがきちんと稼動するかを確認
●ハードパーツに汚れがなく、磨かれているか
●ブーツのソールが剥がれていないか、ブーツ自体が壊れていないかを点検
●ソフトパーツの汚れや修繕を点検、アイロンやドライクリーニングにて対処する
●損傷部分の修理
●グルーの再接着
●ベルクロの交換
●傷のバフ掛け
●タッチペンによる修正
●“Magic Erasers”という商品はアーマーの小傷を消すのに適している
●プラスチックパーツの研磨
●全てのパーツがパッキングされているかを事前に確認すること。転ばぬ先の杖である。

1.7.2 Post Troop Briefing
1.7.2 トルーピング後に


●Unpack everything.
●Clean your armor and under suit!
●Wipe out the inside of your armor with Clorox Wipes or other mild cleaner. Dry thoroughly. There is nothing worse than stink moldy armor.
●Put you bucket on a bucket stand or mannequin head. Make sure there is plenty of air circulation.
●Vader’s (and other leather suits) turn your suit inside out and hang on a padded hanger to dry. You may want to give “problem areas” a quick spay of Febreze or a cheap vodka to help eliminate odors.
●Set shoes or boots out to dry. You may want to invest in a pair of shoe or boot trees they will help with drying and help the boots maintain their shape.
●Repair any damage.
●Re glue things.
●Replace Velcro.
●Buff scratches.
●Touch up paint dings.

●全て梱包を解く
●アーマーとアンダースーツを綺麗にする
●Clorox Wipes または中性洗剤等を使用してアーマーの内側を拭き、完全に乾かす。カビの生えたアーマーほど悪臭を放つものはない。
●ヘルメットスタンドやマネキンにヘルメットを保管。バッグ等に入れっぱなしにせず、必ず外気に触れさせること。
●ベイダーのインナーレザースーツ(他キャラクターのレザースーツの場合も)を裏返しにし、ハンガーに掛け乾燥させる。"匂いがヤバイ部分"はファブリーズのような即効性スプレーや安いウォッカによって匂いを排除することができる。
●ブーツを乾燥させるため屋外へ。乾燥やその形状を維持ために木製のブーツキーパーの購入をお勧めする。
●損傷部分の修理
●グルーの再接着
●ベルクロの交換
●傷のバフ掛け
●タッチペンによる修正
画像
Two TK/ID/IC6904, Forum Administrator, soon to be a TB(60% done)
Follow my Twit! http://twitter.com/tk6904

アバター
Two
GWM
記事: 10017
登録日時: 2011年11月25日(金) 14:37
TKID: 6904
Member since: 2005 7 31
Real Name: Takefumi Tenshima
お住まい: 神奈川県川崎市
連絡する:

1.8 Leadership and Discipline

投稿記事 by Two » 2013年2月10日(日) 00:26

http://www.501st.com/databank/TrooperSu ... Discipline

1.8 Leadership and Discipline
1.8 リーダーシップと規律


Good leadership and discipline go hand in hand. As a member of the 501st you are expected to abide by the rules. The rules have been thought about and debated by your leadership teams from the inception of the Legion to current day. These rules encompass behavior, trooping and costuming standards. Some are simply not written in stone because we expect you to understand the basics of good stewardship and behavior.

良いリーダーシップと規律は、密接に関連している。 501stのメンバーとして、君は規則を守ることを期待される。 規則は、リージョンの草創期から現在まで、君のリーダーシップ・チームによって考えられ、討議されてきた。 これらの規則はふるまい、トルーピング、コスチューム基準を含む。規律のいくつかは単純に我々が君が良い管理とふるまいの基本を理解すると期待しているので、わざわざ書かれてはいない。
画像
Two TK/ID/IC6904, Forum Administrator, soon to be a TB(60% done)
Follow my Twit! http://twitter.com/tk6904

アバター
Two
GWM
記事: 10017
登録日時: 2011年11月25日(金) 14:37
TKID: 6904
Member since: 2005 7 31
Real Name: Takefumi Tenshima
お住まい: 神奈川県川崎市
連絡する:

1.9 Foot Notes

投稿記事 by Two » 2013年2月10日(日) 00:28

http://www.501st.com/databank/TrooperSu ... Foot_Notes

1.9 Foot Notes
1.9 後記


[1],[2] MayoClinic.com

Additions and corrections may be submitted to feedback@501st.com
追加と校正はfeedback@501st.com まで。

Revised 6-07-2011 Krkonsult
修正日:2011年6月7日 担当:Krkonsult
画像
Two TK/ID/IC6904, Forum Administrator, soon to be a TB(60% done)
Follow my Twit! http://twitter.com/tk6904

アバター
Two
GWM
記事: 10017
登録日時: 2011年11月25日(金) 14:37
TKID: 6904
Member since: 2005 7 31
Real Name: Takefumi Tenshima
お住まい: 神奈川県川崎市
連絡する:

Re: Trooper Survival Guide

投稿記事 by Two » 2018年6月07日(木) 15:32

別のトピックでもご紹介しましたが、かれこれ5年近くこちらのトピックに掲載してきました、
トルーパー・サバイバルガイド日本語版を、データバンクサイトの方に移植しました。

https://databank.501st.jp/トルーパー・サバイバルガイド

こちらの版は古くなり、フォーラムアカウントを持つ人でないと読む機会が持てないというデメリットもありますので、
6月いっぱいをもって削除いたします。よろしくお願いします。
なお、移植先のページには一部未翻訳部分が含まれておりますが、新たに加わった部分なので
その部分は追って翻訳作業を完成させます。

よろしくお願いいたします。

This Trooper Survival Guide: Japanese translation edition has been moved to our public databank page with some updates.
I'll remove this topic at the end of June. For English users, the original document is here:

http://databank.501st.com/databank/TrooperSurvivalGuide

過去に翻訳にご協力いただいたメンバー各位には改めてお礼申し上げます。

Many thanks!
画像
Two TK/ID/IC6904, Forum Administrator, soon to be a TB(60% done)
Follow my Twit! http://twitter.com/tk6904

返信する