操作

オペレーション・プロトコル

提供:Japanese Garrison Databank

2024年2月6日 (火) 17:50時点におけるTK6904 (トーク | 投稿記録)による版 (→‎CRLの改訂)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)


本部Operations Protocol(原文:英語)へのリンク


オペレーション・プロトコルは、501st リージョンの日々の活動における規則、ガイドライン、指示の補則集です。 オペレーション・プロトコルは組織の条例として機能し、リージョン憲章で参照しています。

第1節:行動規範

改訂:2024年2月6日 この項目の原文(英語)

501stリージョンは、そのコスチュームがSTAR WARS™映画のキャラクターを表現していることを認識しており、コスチューム着用者は公の場でこれらのキャラクターを専門的かつ上品に表現する責任を負っているものとします。これらの理由から、すべてのメンバーは、501stリージョンまたはそのサブユニットやメンバーが公式に参加しているイベントでコスチュームを着ている間、描写しているイメージ、組織の他のメンバー、または一般の人々に対して失礼な行動をとることを禁止します。

501stリージョンは、トルーピング行動の楽しみの一つは、適度な安全性を確保することであると考えています。リージョンの意図は、メンバーの安全と安心のために行動規範を持ち、社会的に見て暴力的、違法、または反社会的と思われる行動を定義して、行動の概要を提供することです。リージョンの意図は、個々の会員の標準的な権利や慣習を阻害することではなく、むしろ定義された行動による被害からすべての会員を守ることです。いずれにしても、常識が優先されなければなりません。

ハラスメントとは、電話、ボイスメール、フォーラム、電子的ソーシャルメディア、またはあらゆる種類の書面によるスパム行為、荒らし行為、脅迫、要求などを含むがこれらに限定されない、一人の会員または複数の会員に対して組織的および/または継続的に望まない迷惑な行為を行うことと定義されます。その目的は、人種的偏見、宗教的偏見、性的指向の偏見、個人的な悪意、クラブを辞めさせようとする行為、何らかの便宜を図ろうとする行為、違法行為を行うよう圧力をかけようとする行為、誰かを恐怖や不安に陥れてサディスティックな快感を得ようとする行為など、さまざまなものがあります。

ハラスメントにはさまざまな形態があり、必ずしも使用された言葉の種類だけでなく、その意図も含まれています。特定のメンバーを対象にハラスメント行為を繰り返すと、より厳しい措置がとられることがあります。これは、特定のメンバーがフォーラムやトルーピングで常に不快な思いをしないようにするためのものです。このカテゴリーには、他のメンバーやグループを侮辱的に参照し、その結果として他のメンバーやグループに継続的な嫌がらせを行う、明確な言葉や画像、およびそのような言葉や画像を含むウェブサイトへのリンクが含まれますが、これらに限定されません。

セクシャルハラスメントとは、歓迎されない性的な誘い、性的な好意の要求、またはその他の性的な性質を持つ行為を含むハラスメントを指します。また、加害者とされる者と被害者の両方が同じ管轄区域にいる場合、現地の法的なセクシャルハラスメントの定義があれば、ここでの他の定義にかかわらず、それが適用されるものとします。

脅迫とは、電話やボイスメール、フォーラム、電子的ソーシャルメディア、書面など、個人や個人の財産に対して懲罰、傷害、危害を加える意図や決意を表明することと定義されます。脅迫は、一般の人が見ても明らかな直接的なものでなければなりません。このカテゴリーには、コスチュームやファンタジーの世界に直接関係のない、いかなる立場の暴力に言及した明確な言葉や画像、およびそのような言葉や画像を含むウェブサイトへのリンクが含まれますが、これらに限定されません。

スパム行為/荒らし行為とは、同じフレーズや類似したフレーズ、または純粋に意味不明な言葉を過度に伝えたり、電子的なソーシャルメディアやフォーラムに混乱をもたらすことだけを目的とした投稿を行うことと定義されています。例としては、喧嘩を売るような騒ぎを起こしたり、スレッドを台無しにするようなトピックから外れた投稿をしたり、他の投稿者を侮辱したり、建設的でない投稿をしたり、誤報や無意味なメッセージを送信して投稿報告機能を悪用したり、IBTL(In Before The Lock)コメントやその他の流行りの発言などが挙げられますが、これらに限定されるものではありません。

人種的偏見とは、はっきりとした言葉や含みを持たせた言葉、画像、およびそのような言葉や画像を含むウェブサイトへのリンクなどで、人種的・民族的憎悪を助長したり、人種的・民族的な中傷として認識されたり、人種的・民族的憎悪の象徴を暗示したりするものを指しますが、これに限定されるものではありません。

性的指向の偏見とは、自分自身や他のメンバーの性的指向の側面を侮辱的に言及する明確な言葉や画像、およびそのような言葉や画像を含むウェブサイトへのリンクの両方を意味します。

宗教的偏見とは、主要な宗教や宗教上の人物を否定的に描写するような明確な言葉や画像、およびそのような言葉や画像を含むウェブサイトへのリンクを含むものですが、これに限定されるものではありません。

(セクション1.12「主な違反行為」で定義されている)いくつかの行為は、リージョンからの除名を必要とする場合があるが、そのような極端な行為を必要としない行為もある。リージョンの意図は、解任を必要とするケースの数を減らすことであり、他のそれほど極端ではない措置で十分である。

501stリージョンの会員資格は、この民間組織によって与えられる特権であり、社会的または法的な権利ではありません。行動規範に反する行為があった場合、リージョン司令部の許可を得て、会員資格の申請を拒否することができます。

主な違反行為

  1. 501stリージョンのメンバーに対する暴力行為や脅迫行為。 これらの行為は以下のように定義されています。
    • 暴力的な攻撃から自己を守る場合を除き、理由の有無にかかわらず、身体的危害を加える意図で他の会員を物理的に殴ること。
    • 電話/ボイスメール、フォーラム、電子ソーシャルメディア、または書面で個人の個人または財産に対して危害を加えると脅すこと。脅迫は、一般の人にとって直接的かつ紛れもないものでなければなりません。
    • 部隊の指揮官、リージョン・キャプテン・オブ・ザ・ガード、またはリージョン司令部による正当かつ適切に文書化された懲戒処分により、会員の弁護士が発行した排除命令またはその他の法的措置や文書。
  2. 違法薬物の影響下でのトルーピング。 これらの行為は次のように定義されています。
    • 違法薬物の影響下でトルーピングに合流した場合。
    • 501stのイベント中に違法薬物を使用、配布、または投与すること。
  3. 暴力的または性的な行為。 これらの行為は以下のように定義されています。
    • 会員、非会員を問わず、他の人を物理的に殴ること。
    • 会員、非会員を問わず、他人に対する以下を含むセクシャルハラスメント
      • 不本意な性的アプローチ
      • 望まない性的な要求
      • 望まない性的な言葉や身体的行為
  4. 慈善寄付を目的とした資金の横領。 横領は以下のように定義されています。
    • イベント終了後、合理的な期間内に資金を受け取り側の慈善団体に提出することを怠ったこと。
    • 受け取り側の慈善団体に資金が提出されていることを確認しなかったこと。
    • 慈善寄付のための資金を、パッチ、コイン、カード、「生活費」と見なされるあらゆる費用を含む個人的またはグループ的な費用に使用すること(ただし、これに限定されない)。
  5. 未公開の犯罪歴 とは、以下のような種類の犯罪または犯罪未遂を含む有罪判決のことを指しますが、これに限定されていません。
    • 性犯罪および/または性犯罪者として登録されている者
    • 横領、窃盗
    • 暴力犯罪
    • 子供に対する犯罪および子供に関わる犯罪
    • 重罪薬物犯罪(または有罪判決を受けた国の法律に基づく重罪に相当する犯罪)
  6. ドキシング ドキシング(Doxing またはDoxxing)とは、個人を害する目的で、または他者が害を与える可能性があると合理的に予測できる結果をもたらす目的で、本人の許可なく、個人に関するプライベートまたは識別情報を暴露する行為と定義されます。このような情報には、本名、住所、職場の詳細、個人の電話番号、財務情報、私信、犯罪歴、個人の写真などが含まれますが、これらに限定されるものではありません。被害は精神的または肉体的なものであり、現実の世界に影響を及ぼす可能性があり、被害者に密接に関連する他者に影響を及ぼす可能性があります。

非公開の犯罪歴 は、その犯罪歴の有罪を証明する紛れもない証拠が提示された場合、除名となることがあります。公表されていない犯罪歴を理由とした除名は、リージョン・コマンディング・オフィサーとリージョン・エグゼクティブ・オフィサーの双方の同意の下、リージョン・キャプテン・オブ・ザ・ガードのみが行います。本条項が所属するギャリソン、アウトポスト、デタッチメントのメンバーに適用される場合、部隊の指揮官と全ての分遣隊の指揮官に電子メールを送信しなければなりません。当該メンバーの解雇は、発見・確認後、合理的な期間内に行われなければなりません。軽犯罪や重犯罪など、あらゆる種類の犯罪が継続している場合、リージョンを守るためにそのメンバーは一時除隊状態に置かれることになります。


当該メンバーは、10日間以内にLCOGに書面でその有罪判決について説明することができます。説明を聞いた後、LCOGはリージョン・コマンディング・オフィサーとリージョン・エグゼクティブ・オフィサーの双方の同意の下に、そのメンバーの残留を認めるかどうかを決定します。これは、子供に対する犯罪を除くすべてのケースに適用されますが、この場合も自動的にリージョンから除隊することになります。


メンバーが行動規範の上記の項目のいずれかで有罪とされた場合、会員の地位の変更の通知後1週間以内に、リージョン・キャプテン・オブ・ザ・ガード事務局に異議申し立てを行うことができます。リージョン・キャプテン・オブ・ザ・ガード事務局が訴えを認める場合、リージョン・カウンシルの審問を招集しなければなりません。審問は、カウンシルメンバーの数が7人以上の奇数で、これらの告発に関する以前の審問に関与した評議員がいない場合に行われます。この審議会の決定は拘束力を持ち、それ以上の不服申し立てはできません。

軽微な違反行為

隊員として相応しくない行動

リージョンメンバーは、お互いに、イベントのスポンサー、一般の人々、そしてルーカスフィルム社(LFL)に対して、常識と敬意をもって接することが期待されています。懲戒処分の対象となる不適切な行為の例としては、以下のようなものがありますが、これらに限定されるものではありません。

  1. 仲間のメンバーに対するハラスメント行為
  2. 商品およびブランドに関する違反行為
  3. 掲示板の権限の乱用または違反
  4. トルーピングまたは部隊イベント中の不適切な行動
  5. イベントの主催者、スポンサー、LFLへの不適切な接触
  6. 部隊や軍団について虚偽の説明をすること

懲戒聴聞会の手順

懲戒聴聞は以下の手順で行われます。

  1. 書面による苦情は、現地ユニットの指揮スタッフ および/または リージョン・キャプテン・オブ・ガード(以下、LCOG)に提出されます。現地部隊のコマンディング・オフィサーが正式な聴聞が必要だと判断した場合、指揮官は苦情をLCOGに転送します。
  2. LCOGは、地域の指揮官から受け取ったものであれ、苦情申立人から直接受け取ったものであれ、告訴の是非を調査し評価します。
  3. LCOGは、十分評価できると判断した場合、以下のことを行います。
    • 苦情申立人に対し、評価結果を通知。
    • 被告に告発を通知し、告発状のコピーを提供。
    • 7人以上の奇数のリージョン・カウンシル・メンバーで構成される陪審員パネルを無作為に選出。
    • 本部リージョン・フォーラムで聴聞会フォーラムを開く:以下のような必要エリアを含みます。
      • 聴聞会は、すべての参加者の視界に入るように実施することができます。
      • 審問を行うLCOGに対して、原告および被告が、すべての参加者から見えるように質問をすることができます。
      • 審査委員会は、原告、被告、代理人、証人が見ることができない別の場所で審議することができます。
  4. 苦情申立人は、ヒアリングへの参加を許可される追加的な個人をそれぞれ1名指定することができます。苦情申立人またはその代理人は、告発と証拠を提出します。追加の証言を得るために、証人が呼び出されることがあります。
  5. 被告は、さらに1名の個人を指定して、審理への参加権を付与することができます。被告人またはその代理人が弁護を行います。証人は、追加の証言をするために呼び出されることがあります。
  6. その後、審問の場にいる陪審員団員が原告および被告に質問をする議論フェーズが設けられます。
  7. LCOGが決定した時刻になると、ヒアリングの議論フェーズは終了します。
  8. 原告と被告は、同時に最終弁論を行うために36時間の猶予を与えられます。
  9. LCOGはその後、被告の有罪・無罪を決定するために、陪審員パネルの別エリアで、各犯罪について単純多数決による投票を開始します。LCOGは、この投票において投票を棄権するものとします。
  10. 被告人がすべての容疑について無罪とされた場合、罰則は課されません。審理は終了します。
  11. 被告がリージョン行動規範の違反で有罪となった場合、以下の量刑の選択肢に基づき、陪審員パネルが量刑を決定するために、2回目の多数決投票が行われるものとします。投票は、一つの量刑の選択肢が過半数の票を獲得するまで繰り返されることがあります。LCOGは、この投票において投票を棄権するものとします。量刑投票の終了後、LCOGは原告、被告及び被告の所属部隊の指揮官に量刑を通知し、量刑投票終了の日から有効となるよう執行するものとします。
  12. 執行猶予の判決が下された場合、現地部隊の指揮官がLCOGを通じて、課された陪審員の制限を明確にするために、陪審員パネルエリアはさらに5日間開放されたままになります。
  13. 処分期間は、地域部隊コマンダーの裁量により、最大で2分の1まで短縮されることがあります。
  14. 会員が違反行為により有罪となった場合、会員は、会員資格変更の通知後1週間以内にLCOGに対して異議申し立てを行うことができます。LCOGが意義を認めた場合、リージョン・カウンシルのメンバーで構成される聴聞会を招集し、その数は7以上の奇数であり、これらの容疑に関する以前の聴聞会に関与した評議員はいないものとします。この評議会の決定は拘束力を持ち、それ以上上訴することはできません。

処分の選択肢

被告訴者が軽い犯罪で初回の有罪判断を受けた場合。

  1. 6ヶ月間の猶予
  2. 1年間の猶予
  3. 6ヶ月間の会員資格停止
  4. 1年間の会員資格停止

被告人が2回目以降の有罪の軽い犯罪の場合(同じ審理で複数の軽い犯罪の有罪が確定することを含む)。

  1. 6ヶ月間の猶予
  2. 1年間の猶予
  3. 6ヶ月間の会員資格停止
  4. 1年間の会員資格停止
  5. 2年間の会員資格停止
  6. 除名

主な違反行為で有罪となった被告人が、同じ審理でより軽い犯罪でも有罪となった場合。

  1. 1年間の猶予
  2. 2年間の猶予
  3. 6ヶ月の会員資格停止
  4. 1年間の会員資格停止
  5. 2年間の会員資格停止
  6. 除名

必要条件:

部隊の指揮官によって取られるすべての懲戒処分は、リージョン・キャプテン・オブ・ザ・ガード(以下、LCOG)の承認を受け、LCOGに通知される必要があります。LOCG、リージョン・コマンディング・オフィサー及びリージョン・エグゼクティブ・オフィサーは、いかなる訴えも文書で知らされていなければなりません。すべての聴聞会及び代替的紛争解決会議は、リージョン・フォーラムにおいて、その目的のために区分されたプライベートな領域で行わなければなりません。会員は、現地レベルでの懲戒処分について、LCOGに訴えることができます。LCOGが意義を認めた場合、リージョンカウンシル聴聞会を召集してその訴えを審理させなければなりません。評議員の数は7名以上の奇数であり、これらの容疑に関する以前の審理に関与した評議員は含まれません。この評議会の決定は拘束力を持ち、それ以上上訴することはできません。

紛争の解決

私たちのような大きな組織では、紛争や意見の相違が起こることは避けられません。 これを念頭に置いて、リージョンは、小・準小程度の紛争を解決しなければならないとしています。 紛争解決のためのメカニズムの決定は、リージョン・キャプテン・オブ・ザ・ガード、リージョン・コマンディング・オフィサー、ギャリソン・コマンディング・オフィサーが行います。 代替紛争処理に関する方針は以下の通りです。

代替紛争解決

代替的紛争解決は、2人以上のメンバーの間で意見の相違が生じ、それが憲章違反にまで発展する可能性がある場合に用いられます。キャプテン・オブ・ザ・ガード、コマンディング・オフィサー、またはコマンドスタッフは、モデレートされた調停を推奨することができます。代替紛争解決が有効であるためには、関係者全員が積極的にプロセスに誠意を持って参加することに同意しなければなりません。

代替案による紛争解決の手順は以下のとおりです。

  1. メンバーまたはユニットのコマンディング・オフィサーは、公聴会ルームの申請を書面でリージョン・キャプテン・オブ・ザ・ガードに提出しなければなりません。
  2. リージョン・キャプテン・オブ・ザ・ガード、リージョン・コマンディング・オフィサー、リージョン・エグゼクティブ・オフィサーのいずれかまたは両方が、リージョンフォーラムの非公開の審問室で行われる全ての議論を監視し、司会を行います。
  3. メンバーは偏見を持たずに自由に問題を議論することができます。
  4. リージョン・キャプテン・オブ・ガード、リージョン・コマンディング・オフィサー、またはリージョン・エグゼクティブ・オフィサーは、解決を可能にするための方法を提供します。
  5. 解決策は次のパターンが考えられます。
    • 関係当事者の相互合意
    • COG、LCO、LXOが提案し、紛争に関与しているメンバーが受け入れた仲裁による和解案。
  6. 代替案による紛争解決に失敗した場合、コマンドスタッフまたは影響下のメンバーは、他のすべての手段が尽くされた後にのみ、懲戒聴聞会を要求することができます。

懲戒聴聞会の手順

軽微な違反については、以下の手順で懲戒聴聞会を行うものとします。

  1. 苦情は、地域の部隊指揮スタッフおよびリージョン・キャプテン・オブ・ザ・ガード(以下、LCOG)に書面で提出されます。
  2. LCOGは、その罪状を調査し、その妥当性を判断します。
  3. LCOGは、十分な妥当性があると判断した場合、リージョンのメインフォーラムに審問の場を開くことになります。
  4. 告発者またはその代理人は、告発内容と証拠を提示します。証人は追加証言のために呼び出されることがあります。
  5. 被告人は弁護を行います。証人は追加証言のために呼び出されることがあります。
  6. その後、討論フェーズが設けられ、傍聴メンバーが原告および被告に質問をすることができます。
  7. LCOGが決定した時刻になると、審問の討議フェーズは終了します。
  8. その後、LCOGは、被告人の有罪か無罪かを判断するため、審理室にいるメンバーに対して投票を開始します。LCOGは、この投票において投票を棄権するものとします。
  9. もし、被告人が無罪となれば、すべての罪が免除され、罰則もありません。審理は終了します。
  10. 被告人がリージョン行動規範の違反で有罪となった場合、判決を決定するために、審理室において会員に対して2回目の投票が行われるものとします。LCOGは、この投票において投票を棄権するものとします。量刑投票の終了後、LOCGは被告人及び被告人の所属部隊の指揮官に量刑を通知し、量刑投票終了の日から効力を発するものとします。
  11. 処分期間は、地域の部隊指揮官の裁量で、最大で2分の1に短縮されることがあります。

評決は、以下の選択肢を含むものとします:

被告人の初回の有罪の場合

  1. 6ヶ月間の猶予
  2. 1年間の猶予
  3. 6ヶ月間の会員資格停止
  4. 1年間の会員資格停止

被告人の2回目以降の有罪の場合

  1. 6ヶ月間の猶予
  2. 1年間の猶予
  3. 6ヶ月間の会員資格停止
  4. 1年間の会員資格停止
  5. 2年間の会員資格停止
  6. 除名

必要条件:

  1. 部隊のコマンディング・オフィサーが行う全ての懲戒処分は、LCOGへの通知とLCOGの承認を得なければなりません。
  2. 書面でのあらゆる異議申し立ては、LCOG、リージョン・コマンディング・オフィサー、リージョン・エグゼクティブ・オフィサーに伝えられなければなりません。
  3. 全ての公聴会および代替的紛争解決会議は、その目的のために区分されたリージョン・フォーラム上の秘匿エリアで行われなければなりません。
  4. メンバーは誰でも、地元レベルでの懲戒処分をLCOGに訴えることができます。この場合の評議員の数は7人以上の奇数であり、これらの告発に関する以前の公聴会に関与した評議員はいないことになっています。この審議会の決定は拘束力を持ち、それ以上の不服申し立てはできません。

管理的一時除隊

リージョンとその会員を現実世界の法的手続きへの関与から守るために、リージョンは会員間または会員が関与するいかなる法的措置にも関与せず、リージョンと会員の安全を守るために必要な行動を取ることができます。そのような行動は、リージョン・コマンディング・オフィサーの同意の下、リージョン・キャプテン・オブ・ザ・ガードの裁量で行われ、そのような現実世界の法的手続きが完了するまで、メンバーを一時的に除隊させたり、リージョン聴聞会を中断させたりすることも含まれます。

管理的一時除隊は、「リタイヤ状態」と同等の機能を持ち、会員が法的手続きへの関与を終えた時点で終了します。アクティブ状態復帰後、メンバーが現役続行を希望する場合は、6ヶ月の猶予期間が与えられます。

管理的一時除隊の使用は、会員の地位にマイナスの影響または永久的な影響を与えることを意図したものではなく、法的手続きへの不当な関与からリージョンとその会員を守るための一時的な措置としてのみ使用されるものです。

フォーラムのモデレーション(投稿管理)

  1. 501stリージョンのメインフォーラムを利用するには、行動規範と掲載されているフォーラムガイドラインを遵守する必要があります。
  2. フォーラム・モデレーターにはLCO/LXOとその指名を受けた者が含まれ、LAS(訳注:リージョン管理スタッフ)の助言を受けます。
  3. LCO/LXOは、フォーラムのモデレーションに問題があった場合、即時のエスカレーション・パスとして機能します。
  4. 毎期最初の2ヶ月以内に、LCO/LXOはカウンシルの有志(投票権を持つ者と持たない者)からなるモデレーション監視委員会を設置し、モデレータが行った措置の概要報告を確認し、複雑なエスカレーションの場合にはLCO/LXOを支援するものとします。
  5. LCO/LXOは、フォーラム・ルール、詳細なモデレーション及びエスカレーション・プロセスを評議会に提示し、期初及び変更時に単純過半数の投票によって確認されるものとします。

第2節:会員資格

改訂:2023年4月23日 この項目の原文(英語)

アクティブ(現役)メンバー

アクティブメンバーは以下の必要条件を満たす品行の良いメンバーを指します。

  1. 501stの会員資格をすべて満たしていること(承認されたコスチュームを所有していること、18歳以上であることなど)。
  2. 501stリージョンの会員データベースに承認された会員資格の記録を持っている。
  3. 所属するCOまたはGMLと積極的に連絡を取り合う。積極的な連絡と参加は、毎年10月に開催されるリージョン年次調査で確認されます。
  4. COまたはGMLを通じて、501stリージョンデータベースの連絡先や会員記録を最新状態に保っている。
  5. リージョン年次調査に記録されるよう、当該会員が所有する承認された501stコスチュームを着用して、1年に少なくとも1つのギャリソンまたはリージョンの活動に参加していること。1年とは、リージョン年次調査から次の年の年次調査までの期間と定義する。活動の例としては、コンベンション、チャリティーイベント、またはリージョンの調整・管理ユニットによって公式イベントとして指定された活動が挙げられるが、これらに限定されない。
  6. 兵役に就いている会員は、兵役によって活動レベルの要件を満たすことができない場合、活動レベルの要件が免除されます。

これらの最小活動レベル要件は、できるだけ公正に、できるだけ常識的に運用されるべきです。

会員は、所属するユニットのコマンディング・オフィサーやリージョン・コマンドの判断により、上記の要件をすべて満たしていなくても、活動状態を維持することができます。

その部隊のCOの裁量により、上記のすべての要件を満たしていなくても、メンバーはアクティブステータスを保持することができます。(ステータスの衝突がある場合は、LMOが最終的な調停者として、または紛争が生じた場合はLCOGが決定します。)

以下の例外は、裁量による決定を超えてリストアップされています:(つまり、下記の項目を主張するメンバーは、トルーピング要件からの免除を受けます)(リージョンDBの情報では、これは単純に"CO Exemption(COによる免除)"としてリストされます)

軍事的な配置展開、人道的な援助、緊急救援、および雇用の転勤。

軍事部門で従事するメンバー、人道的援助、緊急救援、または雇用の転勤により、これらの要件を満たすことができなくなった場合、活動レベルの要件から免除されます。軍務や援助/救済/職場からの179日以上の離脱は、元の住所に戻った後3ヶ月の猶予期間が続きます。任務地から別の場所に転勤したり、退役したメンバーは、次の調査期間が終了するまで、または3ヶ月(いずれか長い方)トルーピングから免除されます。

医療的な免除

医療的、または身体的な無力化(地方法が許す場所では医療証明書を提出することができますが、必須ではありません。この書類が提供された場合、データベースにコピーは保管されません)、極端な体重の変動(例えばコスチュームを着られなくする医療手術)は、メンバーが安定し、コスチュームの調整が可能になるまで適用されます。この条項は、妊娠、産後の回復、性別適合手術の結果としてのメンバーの制限にも適用されます。

メンタルヘルス上の免除

メンバーがメンタルヘルス上の状態で積極的にトルーピングすることができない場合、彼らはユニットのCO/CSまたはGMLに連絡し、そのアクティブステータスを保持するためにコミュニケーションを維持するべきです。プライバシーは保証されるべきで、医療の詳細は必須ではありませんが、アクティブステータスの保持を支援します。

自主的な処分

メンバーが自らの意志で唯一の承認コスチュームを処分する(売却、贈与、または任意に処分する)場合、ユニットのCOの裁量により、またはLCSスタッフの場合はLCO、LASスタッフの場合はリーダーの裁量により、次の調査期間が終了するまでアクティブ状態を維持することが許可される場合があります。メンバーは、新たなコスチュームで再承認されるまで、リージョン/ユニットの指導スタッフの地位を保持することはできません。

自主的ではない処分

メンバーが唯一の承認コスチュームを失う(事故による損失、盗難、または同様の事象による承認コスチュームの喪失)場合、ユニットのCO、またはLCSスタッフの場合はLCO、LASスタッフの場合はリーダーが、憲章/OPの裁量許容に従って、ケースバイケースで裁量行使を行うかどうかを決定します。この決定は上記の調査期間の制限に従うものとします。

また、その年のいずれかの時点で、メンバーの直近のユニットまたはリージョン活動から(無活動状態が)連続して12ヶ月以上経過していると判断された場合、ユニットのコマンディング・オフィサーはそのメンバーをリザーブ(予備役)状態に移行させる裁量権を行使することができます。

会員の活動状況を最終的に判断するのは、リージョン・メンバーシップ・オフィサーです。

アクティブメンバーは以下の資格があります。

  1. アクティブメンバーシップの投票に参加する。
  2. ローカル選挙およびリージョン選挙に投票参加する。
  3. 501stリージョンで選出された、および/または任命された役職(デタッチメント・リーダーを含む)を務めること。
  4. ユニットリーダーが企画した、または許可した501stの公式イベントを調整・開催する。
  5. 501st/会員限定のオフィシャルグッズを購入・作成すること。
  6. 501st.comのメンバーシップセクションに写真やプロフィールが表示される。
  7. 501stの公式イベントに参加する(チャリティ興業、有名人の出演、来賓のエスコートなど)。
  8. 501stリージョンのメッセージボードおよび該当するユニットのメッセージボードにアクセスできること。

リザーブ(予備役)メンバー

リザーブメンバーとは、上記で定義した501stリージョンのイベントに年1回コスチュームを着て参加することを除き、アクティブメンバーの要件をすべて満たすグッドスタンディングのメンバーと定義されます。

リザーブメンバーは、上記で定義されている年次調査の年間に少なくとも1回、ギャリソン、アウトポスト、リージョンのサポート役として参加しなければなりません。

サポート活動の例としては、次のようなものがありますが、これらに限定されるものではありません:アーマー・パーティ、コスチュームを着用しないイベントの手伝い、および/またはその他の非管理的な支援活動で、所属する部隊の指揮官が資格のある活動または貢献として承認するもの。

リザーブメンバーは以下の資格があります。

  1. 501st.comとリージョンフォーラムの閲覧制限されている場所へのアクセス。
  2. ギャリソン/アウトポストの企画フォーラムおよび公開または準プライベートなディスカッションエリアへのアクセス。
  3. デタッチメントフォーラムへのアクセス。
  4. 「Reserve Duty(リザーブ任務)」の目印が付いた、501stの会員およびコスチュームのページに写真やプロフィールを表示すること。

リザーブメンバーは以下の資格がありません。

  1. 部隊・リージョンの投票または選挙への投票参加。
  2. 選挙に立候補したり、役員や管理職を引き受けたりする。
  3. 501stまたは部隊グッズの購入または作成
  4. 参加対象がアクティブメンバーに制限されているイベントやリクエストに参加する
  5. リージョンフォーラムのアクセス権限の維持
  6. 部隊メンバー専用のフォーラムにアクセスできます。部隊リーダーの判断により、アクティブメンバーの条件を満たすメンバーにのみ提供されます。

リタイア(引退)メンバー

リタイアメンバーは、今は501stに積極的に参加をしていない、良い品行を保っていた元メンバーであり、以下の1つ以上に該当する人と定義されます。

  1. 活動できるコスチュームを持っていない、または501stが承認したコスチュームを持っていない。
  2. 所属する部隊のCO、アウトポストのCO、またはGMLと積極的に連絡を取っておらず、毎年10月に開催されるリージョン年次調査に参加していない。
  3. リザーブメンバーとして1年以上登録されており、その間、コスチューム以外の活動で積極的にリージョンに貢献していない。
  4. 自発的にリージョンを脱退した場合。

リタイアメンバーは以下の資格があります。

  1. 「Retired(リタイア)」の目印がある、表示可能なリージョンプロフィールを保持する。
  2. 書面での申請、コスチュームの再承認、トルーピングの達成または達成間近の状態で、アクティブな状態に戻ること。
  3. 会員情報とID番号は、リージョンカウンシルメンバーの2/3の多数決によりリージョンカウンシルの判断で再指示されない限り、永久に会員と共に501stリージョンのデータベースに保存/維持される。

リタイアメンバーは以下の資格がありません。

  1. 部隊・リージョンの投票または選挙への投票参加。
  2. 選挙に立候補したり、役員や管理職を引き受けたりする。
  3. 501stまたは部隊グッズの購入または作成
  4. 501stの公式イベントをコーディネートする。
  5. 参加対象がアクティブメンバーに制限されているイベントやリクエストに参加すること。
  6. リージョンフォーラムのアクセス。
  7. 部隊メンバー専用のフォーラムへのアクセス。これは、部隊リーダーの判断により、アクティブメンバーの条件を満たすメンバーにのみ提供されます。
  8. 501st.comのメンバーシップセクションに写真を掲載すること。
  9. 501stの規則および規定の違反により告訴されること。

資格停止メンバー

資格停止メンバーとは、懲戒処分、行政処分、または調査の間、または調査の結果として、統治する部隊のリーダーまたはリージョン・オフィサーによって課せられた品行の悪い状態の会員と定義されます。この状態は、アクティブ状態に戻るか除隊状態に変更されるまでの一時的なものです。

すべてのイベント参加、フォーラム閲覧、グッズ、投票、採決、管理、選挙、および会員資格は、前記ステータス変更のきっかけとなったあらゆる手続きの結果が出るまで、または前記公聴会によって定められた停止期間が終了するまで、停止されます。

除名メンバー

除名メンバーとは、懲戒処分や刑事犯罪に基づいてリージョンから除名された品行の悪いメンバー、または地位の喪失を回避するため、または管理上または懲戒処分を避けるために故意に退会するメンバーと定義されます。

除名メンバーは以下の資格がありません。

  1. 501stリージョンの投票または選挙に投票参加する。
  2. 501stリージョンの選挙または任命役職(デタッチメント・リーダーを含む)を務める、および/または職位を保持する。
  3. 501stリージョンまたは部隊の公式グッズの購入または作成。
  4. 写真やプロフィールを501st.comに表示すること。
  5. 501st公式イベントの調整/主催。
  6. 501stの公式イベントおよび行事に参加する。
  7. 501stリージョンまたは部隊フォーラムのアクセス。
  8. 除名されたメンバーは、除隊記録をメンバープロフィールに持つ。

追悼メンバー

追悼メンバーは良い品行を保ち、亡くなったメンバーと定義されます。

追悼メンバーは以下を所持します。

  1. 永久欠番となるID番号
  2. 連絡情報を省いたプロフィールが501st.comの追悼メンバーページ(Eternal Legionnaires)に永久掲載されます。

保護観察中のメンバー

保護観察処分を受けたメンバーとは、懲戒公聴会で有罪評決を受け、専任委員(訳注:具体的には、公聴会の参加メンバー)が保護観察という軽い処分でよいと判断したメンバーのことです。この評価地位は一時的なものです。保護観察期間の長さは、専任委員によって決定され、評価期間として使用されます。定義された保護観察期間の条件に違反した結果、一時停止状態への変更が正当化されるかどうかは、影響を受けるメンバーの行動によって決定されます。

保護観察中のメンバーは以下の資格があります。

  1. アクティブメンバーの投票に参加する。
  2. 地域およびリージョンの選挙投票。
  3. 501stの公式グッズやメンバー限定グッズを購入する。
  4. 501st.comのメンバーシップセクションに写真および/またはプロフィールを表示する。
  5. 501stリージョンのメッセージボードおよび該当部隊のメッセージボードへのアクセス。

保護観察中のメンバーは以下の資格を持てる場合があります(専任委員の判断による)。

  1. 501stリージョン(デタッチメント・リーダーを含む)において既に選出または任命されている役職を、その任期が終了するまで保持すること。
  2. 部隊リーダーによって指示または許可された501stの公式イベントの調整/ホスト役を務めること(制限事項が適用されます、下記を参照)。
  3. 下記の「対象外」の項目3に記載された期間が終了した後、501stの公式イベント(チャリティー興業、有名人の出演、ゲストのエスコートなど)に参加すること。

保護観察中のメンバーは以下の資格がありません。

  1. 501stリージョン(デタッチメント・リーダーを含む)の選挙または任命された役職に立候補すること。
  2. 501stの公式グッズやメンバー限定グッズを購入・作成する。
  3. 保護観察期間が開始された後の最初の月に、501stの公式イベント(例:慈善事業、著名人の出演、ゲストのエスコートなど)に参加し、所属する部隊リーダーが指示または許可した501stの公式イベントの調整/ホスト役を務めること。
  4. その他、専任委員が必要と判断した具体的な制限事項。

違反があった場合は、LCOGチームに報告されます。5人以上のLCOGが、6ヶ月以上の同等の停止期間を課すかどうかを多数決で決定します。

名誉隊員およびフレンド・オブ・ザ・リージョン(リージョンの友人)

名誉隊員とは、スター・ウォーズの世界に何らかの特別な形で時間、スキル、才能を提供し、スター・ウォーズの世界に取り組んでいる間の努力と貢献がリージョンに認められた特別な会員です。

フレンド・オブ・ザ・リージョン(リージョンの友人)は、特にルーカスフィルムに関わる仕事をしていなくても、501stリージョンやスター・ウォーズ・ファンダムに多大な貢献をしている個人や団体です。

名誉隊員およびリージョンの友人は、501stのアクティブメンバーから推薦される必要があります。

名誉隊員とリージョンの友人の推薦は、フォーラムの名誉隊員に関するセクション内に定められたプロセスを通じて提出されなければなりません。推薦を提出するすべてのメンバーは、下記に掲げる、推薦のスポンサーとなるメンバーユニットのCOおよびXOに通知する必要があります。

  • ギャリソンとアウトポスト - CO/XO
  • デタッチメント - DL
  • リージョン - LCO/LXO

ユニットにCOがいない場合、LCOは「COに通知する」目的で介入することができます。

イベントにおいて授与式が実施される場合、ユニットのCOは、デタッチメントまたはリージョンによる授与式について通知される必要があります。

名誉隊員リエゾン(HML)オフィスはLCOによって監督されます。HMLはLCOによって任命され、名誉隊員委員会はHMLによって任命されます。HMLは、名誉隊員およびリージョンの友人の推薦の受理および処理を行います。HMLは委員会の決定結果をメンバーに通知しますが、HMLは委員会の投票プロセスには参加しません。HMLは、委員会の投票結果が同点の場合にタイブレーカーとして機能します。HMLは、現職LCOの許可を得て、指名に関するガイドラインを変更することができます。 これらの変更は憲章やオペレーション・プロトコル(OP)に取って代わることはできません。

名誉隊員およびリージョンの友人は以下の資格を有します。

  1. 501st.comの名誉隊員のページに写真およびプロフィールが掲載される
  2. 501st公式イベントへの参加(例 チャリティ興業、有名人の出演、ゲストエスコートなど)
  3. リージョンフォーラムへのアクセスと名誉隊員に適した部隊フォーラムエリアへのアクセス。
  4. 公式501st/メンバー限定のグッズ購入。

名誉隊員およびリージョンの友人には以下の資格がありません。

  1. 部隊またはリージョンの投票、または選挙に投票参加すること。
  2. オフィサーを務めること、もしくはオフィサーや管理スタッフの職を受諾すること。
  3. 501stで選出された役職や任命された役職に立候補し、その職位を保持すること。

第3節:選挙

この項目の原文(英語)

リージョン・コマンディング・オフィサー、リード・リージョン・キャプテン・オブ・ザ・ガード、リード・リージョン・ウェブマスター、ギャリソン・コマンディング・オフィサー、アウトポスト・コマンディング・オフィサー、スクワッド・リーダー、デタッチメント・リーダーはすべて、リージョン内で選出された役職である。その他の役職は、それぞれの司令官やリーダーによって任命される。品行の良い人物だけが、選挙で選ばれた役職や任命された役職を指名したり、立候補したり、維持したりする資格があります。リーダーシップ職位の選挙は年に1回行われます。 選挙期間とは、新たに選出されたユニットリーダー/批准された役員の就任から、翌年の選挙のための指名が開始されるまでの期間と定義されます。

リージョン・コマンディング・オフィサー、ギャリソン・コマンディング・オフィサー、アウトポスト・コマンディング・オフィサー、スクワッド・リーダー、デタッチメント・リーダーの選挙

  1. ノミネートは、選挙開始前の月曜日に始まり、選挙開始時に終了します。
  2. 上記の役職の選挙は、2月の第1土曜日(1日目)のGMT 12:01am(日本時間午前9時1分)に開始されます。
  3. 質疑応答の時間は、1日目の土曜日から5日目の水曜日(5日目)のGMT 11:59pm(日本時間午前8時59分)までの5日間とします。
  4. 木曜日(6日目)は候補者のクロージング・ステートメントの時間となります。
  5. 投票は、最終演説が行われた金曜日(7日目)のGMT 12:01am(日本時間午前9時1分)に開始され、翌週の火曜日(11日目)のGMT 23:59pm(日本時間午前8時59分)に終了するまでの5日間行われます。
  6. 次の5日間(12日目~16日目)は、政権交代のための期間となります。当選した候補者は、翌週の月曜日(17日目)のGMT 12:01am(日本時間午前9時1分)に就任します。

品行の良いすべてのアクティブメンバーは、リージョン・コマンダーの候補者および各部隊の候補者に投票することができます。次期選挙の通知は、ノミネーション期間開始の少なくとも1週間前に、リージョンフォーラムに掲載されます。個々のメンバーへの選挙の通知は、最終的にはギャリソンとアウトポストのコマンダーがその地域のメンバーに対して行い、デタッチメントのメンバーはデタッチメント・リーダーが行います。

リージョン・コマンディング・オフィサーは、リージョン全体の単純投票によって選出されます。ギャリソン、アウトポストのコマンダー、スクワッド・リーダー、デタッチメント・リーダーの役職は、それぞれのユニットのメンバーによる人気投票で選ばれます。年次選挙は各ユニットに義務付けられています。

デタッチメントの参加とは、デタッチメントの選挙に投票したり、デタッチメントの役職に立候補する資格を得ることであり、デタッチメントの所属権を持つフォーラムのアカウントを持っていることと、選挙期間中に少なくとも一度はそのフォーラムにログインすることを意味します。選挙年度とは、新たに選出されたユニットリーダーが就任してから翌年の選挙のための推薦が開始されるまでの期間を指します。これを怠ると、その年のデタッチメント選挙において、そのリージョン・メンバーは投票権を持たず、デタッチメント・リーダーに立候補することができません。選挙の投票期間が始まると、デタッチメントの所属連携記録はロックされます(訳注:選挙期間中は新たなデタッチメント連携登録・削除申請ができないことを意味します)。

主席LCOGおよび主席LWMの選出

  1. ノミネートは、リージョンカウンシルのメンバーによって行われます。この役職に立候補する資格を満たしているメンバーは誰でも、リージョンカウンシルのメンバーから指名を受けることができます。
  2. 主席LCOGおよび主席LWMのノミネートは、4月1日の金曜日のGMT 12:01amに開始され、2日間にわたって行われ、土曜日のGMT 11:59pmに終了します。
  3. 質疑応答はすぐに開始され、3日後の火曜日のGMT 11:59pm(日本時間午前8時59分)に終了します。
  4. 投票は、質疑応答終了後の水曜日GMT 12:01am(日本時間午前9時1分)に開始され、4日後の土曜日GMT 11:59pm(日本時間午前8時59分)に終了します。
  5. 選出されたLCOGおよびLWMは、投票日の翌日、GMT 12:01am(日本時間午前9時1分)に就任します。次の3日間は、LCOGおよびLWMチームの追加メンバーの批准投票を行うための期間です。

リージョンカウンシルのメンバーは、主席LCOGおよび主席LWMの候補者に投票することができます。主席LCOGと主席LWMは、リージョンカウンシルの一般投票によって選出されます。

選挙管理

選出された役職はすべて、リージョンフォーラムでの投票を利用し、単純過半数(投票数が50%を超えること)で選出されます。2人以上の候補者が推薦され受理された場合は、STV(Single Transferable Vote: 単記移譲式投票)方式が採用されるものとします。有権者は、各候補者について、最も好ましい候補者から最も好ましくない候補者の順に、1票を投じることができます。最も少ない票を獲得した候補者は除外され、その候補者に投じられた各票は、それぞれの有権者が表明した優先順位に従って、余剰または廃棄された票に比例して、残りの候補者に移譲されます。このプロセスを計算で繰り返し、半数以上の票を獲得した候補者を当選者とします。自動化されたSTVシステムが使用できない場合、参加票の50%以上を獲得した候補者がいない場合には、LCOGによって決選投票システムが指定されます。決選投票システムでは、上位2名の候補者に対して2回目の投票を行い、1回目の投票終了後24時間以内に新たな質問をせずに投票を再開します。

ユニットの現職リーダーに対立候補者がいない場合、選挙を放棄することができます。

ユニットのメンバーが、自分のユニット内での選挙運動やその後の選挙で不適切な行為があったと疑った場合、選挙に介入したり監査したりすることができるリージョン・キャプテン・オブ・ザ・ガードに書面で訴えなければなりません。

資格条件と制限

すべての役職は、選挙開始の直前の連続した1年間、メンバーが品行の良い状態にあり、過去にその役職から罷免されていないことが条件となります。2020年2月の定期選挙以降、同一人物が就任できない役職があります。これらの役職は以下の通りです。

リージョン・コマンディング・オフィサー(LCO)とリージョン・エグゼクティブ・オフィサー(LXO)、主席リージョン・キャプテン・オブ・ザ・ガード(LCOG)と主席リージョン・ウェブマスター(LWM)は、他のリージョン・オフィサーの役職やギャリソン・コマンディング・オフィサー(CO)、ギャリソン・エグゼクティブ・オフィサー(XO)、ギャリソン・キャプテン・オブ・ザ・ガード(GCOG)、ギャリソン・ウェブマスター(GWM)、デタッチメント・リーダー(DL)、デタッチメント・エグゼクティブ・オフィサー(DXO)、アウトポスト・コマンディング・オフィサー(CO)、アウトポスト・エグゼクティブ・オフィサー(XO)、スクワッド・リーダー(SL)を兼任することはできません。

リージョン・キャプテン・オブ・ザ・ガードは、ギャリソン・キャプテン・オブ・ザ・ガードのような、協調関係にあるギャリソンの役割に同時に就くことはできません。

リージョン・マーチャンダイズ&ブランディング・オフィサー(LMBO)は、ギャリソン・マーチャンダイズ&ブランディング・オフィサー(GMBO)やデタッチメント・マーチャンダイズ&ブランディング・オフィサー(DMBO)を兼任することはできません。

リージョン・メンバーシップ・オフィサー(LMO)は、ギャリソン・メンバーシップ・リエゾン(GML)、DL、DXOを同時に務めることはできません。DL および DXO は、同時に複数のデタッチメントを率いることはできません。

リージョン憲章審査官(LCRO)は、他のリージョンレベルやリージョンコマンドスタッフの役職、ギャリソン・コマンディング・オフィサー(CO)、ギャリソン・エグゼクティブ・オフィサー(XO)、デタッチメント・リーダー(DL)、デタッチメント・エグゼクティブ・オフィサー(DXO)、アウトポスト・コマンディング・オフィサー(CO)、アウトポスト・エグゼクティブ・オフィサー(XO)、スクワッド・リーダー(SL)などを兼任することはできません。

リージョン・コマンディング・オフィサー

  1. 3年以上の501st会員資格を持つこと
  2. 以下のいずれかの役職・機能で上記で定義された1選挙年度以上の勤務経験があること。
    • ギャリソンCO
    • ギャリソンXO
    • アウトポストCO
    • デタッチメント・リーダー
    • ギャリソンのカウンシル次席代表
    • リージョンの役職(LXO、LCOG、LMO、LMBO、LPRO、LWM、LCR、LDO、LEC)

主席リージョン・キャプテン・オブ・ザ・ガード

  1. 品行の良い状態で3年以上の501st会員資格を持つこと

- または -

  1. 以下のいずれかの役職・機能で上記で定義された1選挙年度以上の勤務経験があること。
    • リージョン・カウンシル・メンバー
    • 部隊のGG

主席リージョン・ウェブマスター

  1. 品行の良い状態で3年以上の501st会員資格を持つこと

- または -

  1. 以下のいずれかの役職・機能で上記で定義された1選挙年度以上の勤務経験があること。
    • リージョン・カウンシル・メンバー
    • ユニットのウェブマスター

リージョン憲章審査官

  1. 3年以上の501st会員資格を持つこと - または -
  2. 1年以上のCRCメンバー経験(訳注:CRCは「Charter Review Committee: リージョン憲章審査委員会」の略記)

ギャリソン・コマンディング・オフィサー

  1. 1年以上の501st会員資格、または 以前にギャリソン指揮スタッフの経験があること

スクワッド・リーダー

  1. 6カ月以上の501st会員資格

アウトポスト・コマンディング・オフィサー

  1. 6ヶ月以上の501st会員資格(ただし、新規アウトポストの発足時のCOを除く)。
  2. 会員期間や地位に関する基準は、リージョンコマンドの裁量により酌量免除されることがある。

デタッチメント・リーダー

  1. 1年以上の501st会員資格
  2. デタッチメントがカバーするコスチュームを所有していること
  3. 選挙開始で区切った1年以内にデタッチメントがカバーするコスチュームでトルーピング活動を行うこと
  4. 会員期間や地位に関する基準は、リージョンコマンドの裁量により酌量免除されることがある。

臨時選挙

いずれかのユニットのコマンディング・オフィサーまたはリーダーが職務を継続できなくなった場合、そのユニットは書面でリージョン・キャプテン・オブ・ザ・ガードに通知し、ユニットのリーダーシップを維持するために以下の手続きを行わなければなりません。

  1. 問題のユニットにXOがいる場合は、ステップ2に進みます。XOがいない場合は、以下の要領で臨時選挙を行います。
  2. LCOGは、当該部隊のCOの役割を引き受ける意思があることをXOから書面で確認します。その場合、ステップ3に進みます。XOの意思がない場合は、以下に示すように臨時選挙を行います。
  3. LCOGは、当該ユニットの投票権を有する全てのメンバーを対象に、単純信任投票を行います。ユニットが単純多数決でXOの継続を認めた場合、そのユニットのXOがCOとなります。そうでない場合は、以下に示すように緊急選挙を行います。

緊急選挙:選挙は、ノミネートに5日間、質疑応答に5日間、投票に5日間というスケジュールで行われます。これらの期間は、必要に応じてリージョン・キャプテン・オブ・ザ・ガードが変更することができます。この期間中、ユニットのエグゼクティブ・オフィサーは、選挙が完了するまでの間、コマンディング・オフィサーまたはリーダー代理としての役割を担います。

エグゼクティブ・オフィサーがいない場合、あるいはコマンディング・オフィサーとエグゼクティブ・オフィサーの両方が辞任した場合、あるいは務めを果たせないと判断された場合は、リージョン・キャプテン・オブ・ザ・ガードがその部隊の司令官またはリーダーの名目上の役割を担い、選挙が完了するまで管理します。スクワッドの場合、リーダーシップを代行するのは親ギャリソンの指揮官となります。任務遂行能力がないと判断されるのは、自発的な脱退か、リージョンやそのメンバーからの連絡に30日間応答しなかった場合です。

主席リージョン・キャプテン・オブ・ザ・ガードが職務を継続できない場合は、リージョン・コマンディング・オフィサーに書面で通知しなければなりません。臨時選挙は上記のように行われます。リージョン・コマンディング・オフィサーは、臨時選挙を監督し、暫定的に主席LCOG職務を執るメンバーをLCOGチームから選出します。

主席リージョン・ウェブマスターが職務を継続できなくなった場合は、その旨をリージョン・キャプテン・オブ・ザ・ガードに書面で通知しなければなりません。臨時選挙は上記のように行われます。

リコール選挙

リージョンのメンバーは誰でも、選出されたリーダーのリコール選挙を要求することで、リーダーシップの問題に対処することができます。アウトポスト・コマンディング・オフィサーやスクワッド・リーダーのリコール選挙には、その部隊のアクティブメンバーが1人だけ必要です。ギャリソン・コマンディング・オフィサーやデタッチメント・リーダーのリコール選挙には、そのユニットの3人のアクティブメンバーが必要です。リージョン・コマンディング・オフィサー、主席リージョン・キャプテン・オブ・ザ・ガード、主席リージョン・ウェブマスターに対するリコール選挙には、5人の現役のギャリソン・コマンディング・オフィサーが必要です。

リージョン・コマンディング・オフィサー、主席リージョン・ウェブマスター、ギャリソン・コマンディング・オフィサー、アウトポスト・コマンディング・オフィサー、スクワッド・リーダー、デタッチメント・リーダーに対するリコール選挙の要求があった場合、リージョン・キャプテン・オブ・ザ・ガードはその要求の正当性を評価します。リージョン・キャプテン・オブ・ザ・ガードが苦情に正当性があると判断した場合、ユニットのエグゼクティブ・オフィサーが一時的にユニットのリーダーシップ職務を執ります。ユニットのエグゼクティブ・オフィサーが暫定的なユニットのコマンディング・オフィサーの任務を引き受けられない場合は、LCOGまたはその指定された代表者が一時的に当該ユニットの指揮を執ります(デフォルトで親ギャリソンの指揮官に従うスクワッドを除く)。

リージョン・キャプテン・オブ・ザ・ガードは5日間限定のフォーラムを設け、告発内容について議論します。この後、5日間の投票が開かれ、そのユニットのメンバー(スクワッドは例外で、ギャリソンの全メンバーが含まれます)の投票が行われますが、最低投票者数は必要条件ではありません。リコール投票は少なくとも3分の2以上の賛成を得なければならず、その場合、コマンダーまたはリーダーは直ちに解任されます。それ以外の場合は、コマンダーまたはリーダーはその職に留まります。リコール選挙の結果、罷免された場合は、リージョン・キャプテン・オブ・ザ・ガードが上記のような臨時選挙を行います。リコールされたコマンダーまたはリーダーは、解任された職務の候補者として立候補する資格がありません。また、その後の選挙で再びその役職に立候補する資格もなく、将来的にその役職の任命を受ける資格もありません。

主席リージョン・キャプテン・オブ・ザ・ガードに対するリコール選挙の要請があった場合、リージョン・コマンディング・オフィサーはリージョンカウンシルから5人のボランティアに専任委員を構成するよう要請し、要請の正当性を評価します。リージョンカウンシルの専任委員は3日以内に申し立てが正当なものかどうかを決定します。リージョンカウンシル専任委員が苦情に正当性があると判断した場合、リージョンカウンシルは3日間にわたる投票を行い、リコール選挙を監督し、暫定的に主席LCOG職務を執るメンバーをLCOGチームから選びます。

暫定的な主席リージョン・キャプテン・オブ・ザ・ガードは、5日間フォーラムを開き、告発について議論します。その後、5日間にわたって投票が行われ、最低投票者数条件のない一般会員による投票が行われます。リコール投票は、少なくとも3分の2以上の票で可決されなければならず、その場合、リージョン・キャプテン・オブ・ザ・ガードは直ちに解任されます。それ以外の場合は、リージョン・キャプテン・オブ・ザ・ガードはその職に留まります。リコール選挙の結果、解任された場合は、暫定的な主席リージョン・キャプテン・オブ・ザ・ガードが、上記のように臨時選挙を行います。リコールされた軍団長は、解任されたばかりの役職の候補者として立候補する資格はありません。また、その後の選挙で再びその役職に立候補する資格もなく、将来的にその役職の任命を受ける資格もありません。

役員は、1年の任期中に2回以上リコール選挙の対象となることはありません。

その他

どの選挙でも、投票結果が同数になった場合には、未投票の票が均衡を破ることを期待し、さらに3日間投票を再開します。

候補者がいない場合、または同数の場合、リージョンカウンシルは5日間の審議と5日間の投票を行い、正規の選挙が行われるまでの間、当該ユニットの新しい暫定リーダーを任命します(ただし、親ギャリソンの司令官が任命することになっているスクワッドは例外です)。

第4節:マーチャンダイズとブランディング

改訂:2024年2月6日 この項目の原文(英語)

マーチャンダイズの定義

憲章の第9条に定義されているように、マーチャンダイズとは、501stリージョンおよび/またはその下部組織の名称、ロゴ、URL、イメージ、またはその他の言及が、いかなる言語であれ記載されている物理的なアイテムを指します。許可されるマーチャンダイズのカテゴリーは以下の通りです:

  • 一般的なマーチャンダイズ: リージョンおよび/またはユニットのメンバーであることを示すためのアイテムで、コイン、パッチ、アパレルを含みますが、これらに限定されません。
  • 特別イベントマーチャンダイズ: コンベンション、トルーピング、追悼など、メンバーまたはその対象日を祝うためのアイテム。ただしこれらに限定されません。
  • ブランディングアイテム:リージョンおよび/またはユニットのブランディングイメージをメンバーおよび一般の人々に示すもの。バナー、旗、メンバー授賞アイテム、名札を含みますがこれらに限定されません。
  • プロモーション資材:ステッカー、トレーディングカード、認定証書、ポスター、パンフレットなど、メンバーや一般の人々に自由に提供される少額のアイテム。ただし必ずしもこれらに限定されません。

すべてのマーチャンダイズには以下の規定が適用されます:

ブランディング・ルール

ブランディングは、リージョンとその下部組織のアイデンティティです。ユニットのロゴ、マーチャンダイズ、広報資材を含むすべてのリージョンのデザインは、リージョン・ブランディング・ガイドラインに従わなければならず、LMBOおよび/またはLPROの承認が必要です:

  • すべての501stリージョンのデザインには、「The 501st Legion」、「501st Legion」、または1インチより小さいアイテムの場合は「501st」、いずれかのリージョン名が記されていなければなりません。
  • ユニット(ギャリソン、アウトポスト、デタッチメント)およびサブユニット(スクワッド)のデザインには、リージョン名、ユニット名、および該当する場合はサブユニット名を含めること。非公式なユニット名は認められません。
  • リージョン名は必ず英語で書かれなければなりません。英語が望ましいですが、ユニット名は現実世界またはスター・ウォーズの正統な言語であれば、どの言語で書かれてもよいです。
  • リージョンおよびユニットのロゴを使用するデザインは、正当なデザイン上の理由(周年記念日など)がない限り、最新版を使用しなければなりません。
  • 現実世界の要素をスター・ウォーズの正統な知的財産(IP)と組み合わせたデザインは、ケースバイケースで許容されます。詳しくはリージョン・フォーラムの「LFLマーチャンダイズ・ガイドライン」スレッドを参照してください。
  • 2019年9月以前に作成され、現行のLFLガイドラインを満たさなくなったデザイン要素を含む承認済みユニットロゴは、現行のLFL基準以下の数量であれば引き続き使用することができます。旧ユニットロゴおよび解散したユニットロゴは、そのデザインが現行のリージョンおよびLFLガイドラインを満たす場合に限り使用することができます。
  • 承認されたユニットロゴ、および承認されたデザインの単純なカラー変更版は、デジタル使用(例:ソーシャルメディアなど)についてはLMBOまたはLPROの承認は必要ありません。新しいデザインは、たとえデジタル専用であっても、LMBOの承認を得なければなりません。
  • 501stリージョンのデザインは、外部の営利団体やベンチャー企業と結びついてはなりません。
  • 501stリージョンのデザインは、下品なものや違法なものを含んではなりません。

マーチャンダイズ・ルール

制限

  • マーチャンダイズを製作するメンバーは、知的財産がLFLに帰属することを理解し、知的財産の権利、請求、使用はすべてメンバーの裁量に委ねられるものとします。
  • 新設のリージョン・ユニットには、6ヶ月から1年間の観察期間が設けられ、マーチャンダイズ製作が禁止されます。新しいスクワッドは6ヶ月の観察期間が課されます。これまでスクワッドやアウトポストとして存在していなかった新しいギャリソン、新しいアウトポスト、新しいデタッチメントは、1年間のマーチャンダイズ観察期間が課されます。以前にスクワッドまたはアウトポストであったギャリソンは、追加の観察期間が免除されます。観察期間は、「第5節 リージョン・ユニット」に記載されているユニット観察期間とは無関係です。
  • LMBOが前期の未承認案件を最終処理する時間を確保するため、リージョン選挙期間(第3節に記載)の6日目以降、マーチャンダイズ申請は保留されます。年度移行期間中に送られた申請書は考慮されません。事務局の新年度スタッフ批准が終了した後に再提出してください。
  • 501stリージョンのいかなる公式ユニットを代表するものでもない非公式グッズは、個人の責任において作成されるものであり、501stリージョンによって監視または管理されるものではありません。
  • マーチャンダイズの有効性と購入は、リージョン憲章第9条に定義されています。

コピーライト(著作権)について

すべての501stリージョンの公式デザイン(第4節2.3の著作権表示で定義されている)には、少なくとも1つの著作権表示が含まれていなければなりません。著作権表示は、デザインの中に隠れていても構いませんが(例えば、レーシングシャツの襟の内側や、コインの縁にレーザー刻印されたものなど)、はっきりと読み取れるものでなければなりません。可読性はLMBOの裁量に委ねられます。

アイテムは、そのデザインを妨げない範囲で、最も読みやすいコピーライトを使用すること:

  • 最も短い著作権表示: "© LFL"
  • 次に短い著作権表示: "© & ™ LFL"
  • その次に短い著作権表示: "© & ™ Lucasfilm Ltd."
  • 標準の著作権表示: "Star Wars and all associated items are the intellectual property of Lucasfilm. © & ™ Lucasfilm Ltd. All rights reserved. Used under authorization."
  • フル著作権表示: "The 501st Legion is a worldwide Star Wars costuming organization comprised of and operated by Star Wars fans. While it is not sponsored by Lucasfilm Ltd., it follows generally accepted ground rules for Star Wars fan groups. Star Wars, its characters, costumes, and all associated items are the intellectual property of Lucasfilm. © & ™ Lucasfilm Ltd. All rights reserved. Used under authorization."

著作権表示の長さの判断は、LMBOとLPROの独自の裁量に委ねられます。

承認

すべてのマーチャンダイズは、承認を得るために生産前に申請提出されなければなりません。

  • 文面による承認は、ユニットのコマンディング・オフィサーまたはデタッチメント・リーダー、および該当する場合は、ユニットのMBOおよび/またはスクワッド・リーダーから得なければなりません。
  • また、提出されたデザインに他のユニットの名称やロゴが含まれる場合、そのユニットの承認も得なければなりません。
  • 品行の良いアクティブメンバーであれば、誰でもマーチャンダイズ承認申請をすることができます。
  • Merchandise Approval Form(マーチャンダイズ承認フォーム)に必要事項を記入し、提出してください。すべての項目に記入がない場合、提出を拒否されることがあります。
  • 現在のLFLの基準(「LFLマーチャンダイズ・ガイドライン」スレッドに記載)を超える数量については、LFLの追加承認が必要です。プロモーション資材とネームタグはこの制限から除外されます。この数量にはすべてのバリエーションの合計が含まれます。
  • アイテムの承認はLMBOの裁量に委ねられ、ユニットが過度なマーチャンダイズ、ブランディングアイテム、および/またはプロモーション資材を作成するケースは、承認されない場合があります。
  • 承認が得られれば、商品を生産することができます。

生産

  • すべてのリージョン・マーチャンダイズは原価で生産、販売されなければなりません。
  • 支払いに際しては、ベンダーの領収書のコピーを承認書への返信として提出しなければなりません。領収書には以下の情報が含まれていなければなりません:
    • 製造元
    • 数量
    • 単価
    • その他の追加費用
  • LMBOおよび/またはLCOGにより追加書類の提出が求められる場合があります。
  • 拒否された場合、製作メンバーは拒否の理由を受け取ります。

リージョンおよびデタッチメントのアイテムは、LMBOの独自の判断により、会員の節約(送料など)を支援するため、現地生産が検討される場合があります。承認後、テンプレートが提供されます。本制作を開始する前に、品質基準が満たされていることを確認するため、LMBOによる校正を受ける必要があります。アイテムの色、品質、サイズはベンダー間で一貫していなければなりません。一貫性の基準を満たさない場合、製造されたアイテムはエラー品とみなされ、第4節3.5に従って製造元への返品または破棄が要求されます。

マーチャンダイズの規制

スロット(製造枠数)

  • リージョンはリージョン年単位(訳註:リージョン選挙期間を区切りとする1年間)で7つのマーチャンダイズスロットを受け取ります。
  • 各ギャリソン/アウトポスト/デタッチメントにはリージョン年単位で5つのマーチャンダイズスロットを受け取ります。
  • 各スクワッドはリージョン年単位で3つのマーチャンダイズスロットを受け取ります。
  • 各スロットで生産されるマーチャンダイズの種類は、各ユニットの裁量に任されています。
  • ユニットから別のユニットへのスロット移譲は認められません。

一般的なマーチャンダイズ

  • アイテムセット: セット(コイン、パッチなど)の各アイテムは、1つのマーチャンダイズスロットを使用します。3つのアイテムを同時に生産する場合、3つのスロットを使用します。
  • デュアルユニットアイテム:2つ以上のギャリソン/アウトポスト/デタッチメントのような、複数のブランドで構成されているアイテムは、参加しているユニットのうち1つのスロットを使用します。ただし、レベルリージョン/501stリージョンのブランドアイテムのようなデュアルクラブアイテムは例外であり、それぞれのリージョンユニットのスロットを使用しなければなりません。
  • サンプル/プロトタイプ/エラー:本生産前のアイテムおよびエラーアイテムは、販売または配布してはなりません。これらのアイテムは、製造元に返却するか、破壊してください。LMBOは破壊証明を要求することができます。
  • カスタマイズ: 該当する場合、スロット/バリエーションを必要としないアイテムのカスタマイズはLMBOの裁量に委ねられます。
  • バリエーション: マーチャンダイズアイテムは1種のバリエーションしか認められません。承認されるためには、バリエーションは実質的に同じデザインでなければなりません。バリエーションはLMBOの裁量に委ねられます。

コイン

  • サイズ:円形コインは直径1.5インチ(3.8cm)~ 1.75インチ(4.5cm)でなければなりません。円形でないコインは、高さまたは幅が2インチ(5.08cm)を超えてはならず、面積は2.41平方インチ以下でなければなりません。
  • カスタマイズ: 表面とエッジの彫刻が可能です。
  • バリエーション: 許容されるバリエーションには、色やメッキのオプションが含まれますが、どちらのコインも同じ鋳型を使用しなければなりません。

パッチ

パッチは以下の追加ガイドラインに従わなければなりません:

  • サイズ: 円形パッチは直径3インチ(7.6cm)以上15インチ(38.1cm)以下でなければなりません。円形以外のパッチは、高さ1インチ(2.5cm)以上、幅15インチ(38.1cm)以下でなければなりません。
  • バリエーション:許容されるバリエーションには、色やサイズが含まれます。

アパレルアイテム

アパレルには帽子、Tシャツ、レーシングシャツなどが含まれますが、これらに限定されるものではありません。いずれも以下の追加ガイドラインに従わなければなりません:

  • カスタマイズ: 名前、TK ID、承認されたユニットロゴの入れ替え(例えばレーシングシャツ)、その他デザインのカスタマイズが可能です。
  • バリエーション: 許容されるバリエーションには、色やスタイル(パーカーやスウェットシャツなど)が含まれます。サイズやフィット感(ユニセックス、メンズ/レディース/ユースなど)はバリエーションとはみなされません。

標準ロゴアイテム(スロット免除対象)

標準化されたユニットロゴアイテムはスロットを必要としません。これらのアイテムは、リージョンとユニットのブランディングをメンバーと一般の人々に示すためのものです。これらのアイテムは、リージョン年度ごとに、すべてのユニット(サブユニットや非公式グループは不可)が使用でき、以下の追加ガイドラインに従わなければなりません:

  • アイテムには、承認されたユニットのロゴを使用しなければなりません。リージョンおよび/またはユニットが大きな節目(1年、5年、及びその後5年ごと)を祝う場合、ユニットは承認された記念ロゴの代わりにリージョンおよび/またはユニットのロゴを使用することができます。
  • ユニットコイン:このコインは、片面にリージョンのロゴ、もう片面にユニットのロゴが入っていなければなりません。
  • ユニットロゴパッチ。
  • ユニットのロゴ入りシャツ: このシャツは、Tシャツ、長袖シャツ、パーカーのいずれでも可能です(レーシングシャツやボタンアップスタイルのシャツは不可)。シャツのデザインには、承認されたリージョンとユニットのロゴが含まれていなければなりません。サブユニットのロゴは、主要ユニットのロゴが目立つように(例えば袖に)表示されている限り、追加要素として認められます。
  • 名札とアーマーケースのプラカード: これらには、承認されたリージョンのロゴ、ユニットのロゴおよび/または名称、サブユニットのロゴおよび/または名称、ならびにメンバーの氏名およびTK IDが含まれていなければなりません。非公式のロゴは認められません。
  • パレードのバナーと旗: これらは承認されたリージョンとユニットのロゴを使用しなければなりません。
  • 大型ロゴシール・マグネット: 車両やその他のディスプレイ用。
  • バリエーション: 上記と同じ規定に従ってください。

特別イベントアイテム(スロット免除対象)

特別イベント用アイテムは、スロットを必要としません。これらのアイテムは、イベント(大会やトルーピングなど)のために製作されたり、亡くなったメンバーを追悼するために製作されるもので、以下の追加ガイドラインに従わなければなりません:

  • 日付入りのイベントアイテムには、イベント名(その名称に著作権がある場合を除く)とそのイベントが行われた年を含めること。可能であれば完全な日付を記載すること。
  • イベントマーチャンダイズは、そのイベントが開催されたリージョン年度の前後年のうち、いずれかの年度で制作されたものでなければなりません。
  • メモリアル(追悼)アイテムは、デザインに個人の名前および/またはTK IDを含める必要があります。
  • バリエーション: 上記と同じ規定に従ってください。

プロモーション資材

プロモーション資材とは、通常1個あたり1.50 USドルまたはそれに相当する現地通貨以下の、わずかな価格のマーチャンダイズを指します。この閾値を超える価格のアイテムについては、数量および承認はLMBOの裁量に委ねられます。

マーチャンダイズの監査

すべてのマーチャンダイズ・ランは、監査時に使用するためのドキュメント(第4節2.4「承認及び生産」に概説されているとおり)を保持する必要があります。保持し、利用が可能なドキュメントには、以下のものが含まれますが、これらに限定されるものではありません:

  • 購入総数、単価、支払日が記載されたベンダーからの領収書。
  • すべてのメンバーへの発送のために荷送人が支払った費用が記載された発送領収書。

監査の際に書類を提出しなかった場合、マーチャンダイズ違反となる可能性があります。

マーチャンダイズの違反と懲罰

上記のガイドラインに違反する商品を故意に生産したメンバーは、懲戒処分の対象となり、そのメンバーが今後マーチャンダイズを提出して承認を受けることができなくなります。違反の例としては、非公式グッズにユニットのロゴや所属を追加すること、業者の領収書を提出しないこと、メンバーから利益を得ること、マーチャンダイズを一般に販売したり、第三者のオークションや販売サイトで宣伝したりすることなどが挙げられますが、これらに限定されるものではありません。すべてのマーチャンダイズ違反は、LMBOに報告されなければなりません。違反が報告された場合、LMBOは当該マーチャンダイズを確認し、リージョン・ガイドラインに違反しているかどうかを判断します。違反が確認された場合、マーチャンダイズを生産したメンバーは、リージョン憲章に従って懲戒のためLCOGに付託されます。

第5節 リージョン・ユニット

この項目の原文(英語)

ギャリソン(駐屯隊)

ギャリソンは、地理的な領域によって定義される、リージョンの主要な分割単位です。ギャリソンは、地域のイベントを調整し、地域のメンバーを募集し、調整し、501stリージョンを地域に広める責任があります。

ギャリソンは、少なくとも25人のメンバーを必要とし、ギャリソンの正会員から選出されたギャリソン・コマンディング・オフィサー(CO)が指揮を執ります。ギャリソンのCOは、メンバーの選挙による支持を受け、リージョン憲章、オペレーションプロトコル、またはリージョンの方針や手続きに抵触しない限り、合理的な地元の方針や手続きを自由に採用することができます。

ギャリソンの創設

ギャリソンは、アウトポストが十分な会員数に達したとき、または既存のギャリソン内の地域が分離して新しいギャリソンを形成する必要性を示したときに形成されます。新しいギャリソンの提案者は、新しいギャリソン名、501stのメイン会員名簿に基づいた新ユニットのメンバー名簿、カバー領土、ギャリソンロゴ、稼働するウェブサイトとフォーラム、ギャリソンを形成する理由を説明した簡単な目的声明を作成しなければなりません。新ギャリソンの名称およびロゴは、既存の501stリージョンユニットの名称やロゴと類似してはなりません。ただし、新ギャリソンがアウトポストやスクワッドの名称を継続して使用する場合はこの限りではありません。

新設ギャリソンのメンバーは、単純多数決でギャリソン・コマンディング・オフィサー(CO)案を選出します。ギャリソン・コマンディング・オフィサーは、必要に応じてギャリソンの役員や追加の管理スタッフを任命します。

その後、ユニット変更承認プロセスに従いますが、以下の点を明確にします。

  • 既存のアウトポストまたは既存のギャリソン全体が承認の対象ユニットとなります。
  • LCOGは、提出されたメンバー名簿の会員ステータスと、申請書の完全性を確認します。
  • LMBOは、提案されたギャリソンのロゴがブランド基準に適合しているかどうかを確認します。
  • ギャリソンの試用期間は12ヶ月と定められており、その間に独立した組織として運営できることを証明しなければならないとされています。
  • アウトポストからギャリソンを作る場合で、領土に変更がない場合、承認プロセスにはリージョンカウンシルの単純多数決で保護観察を免除される場合があります。

ギャリソン地位の維持

ギャリソンの資格を維持するために必要な最低会員数を下回ったギャリソンは、1年間の猶予期間を経て最低会員数以上に回復しなければ、リージョンカウンシルの単純過半数の投票によりギャリソンを解散することになります。猶予期間の有無に関わらず、ギャリソンはその規模に応じて、「第7節:カウンシル」に明記されている通り、直ちに協議会の議席調整の対象となります。ギャリソンのメンバー数が最低必要数の半分に満たない場合、そのギャリソンは直ちにリージョンカウンシルの単純過半数の投票によって解散させられます。解散したギャリソンは、元のアウトポストに戻るか、元のギャリソンに戻ります。

スクワッド(分隊)

ギャリソンは部隊の中にスクワッドを作ることができます。スクワッドは、親ギャリソンの領域内の地理的な領域によって定義され、スクワッドの領域内の地域イベントを調整する責任を負います。

スクワッドは、少なくとも10名のメンバーを必要とし、スクワッドのアクティブメンバーから選出されたスクワッドリーダー(SL)が率います。

スクワッドの所属は通常、地理的な境界と各メンバーの主な居住地に基づいています。スクワッドの境界内に住んでいるギャリソンのメンバーは、COに申し出ることでそのスクワッドへの所属を免除されます。スクワッドの境界内に住んでいないギャリソンメンバーは、スクワッドへの参加を申請することができますが、ギャリソンCOとスクワッド・リーダーの両方の許可が必要です。複数のスクワッドを持つギャリソンのメンバーは、居住地域のスクワッドから別のスクワッドへの所属変更を申請することもできます。その場合、COと双方のスクワッドリーダー(居住地域のスクワッドと採用するスクワッドの)の承認が必要です。

スクワッドの創設

提案された新しいスクワッドのメンバーは、新しいスクワッドの名称、メンバーの名簿を地元のギャリソンのメンバー名簿から作成し、地域の境界線、スクワッドのロゴ、スクワッドを結成する理由を説明した簡単な目的声明を作成しなければなりません。新スクワッドの名称とロゴは、既存の501stリージョンユニットの名称やロゴと類似していてはなりません。

提案された新スクワッドのメンバーは、単純多数決で提案予定のスクワッドリーダー(SL)を選出します。

その後、ユニット変更承認プロセスに従いますが、以下の点を明確にします。

  • 親ギャリソンが承認のための連携ユニットとなります。
  • LCOGは、提案されたメンバーの会員ステータスと、申請書の完全性を確認します。
  • LMBOは、提案されたスクワッドのロゴがブランディング基準に準拠しているかどうかを確認します。
  • LCOGは、他のユニットの創設と同じ方法で、スクワッドの創設をリージョンカウンシルに通知するが、投票は行いません。リージョンカウンシルに通知された日が、スクワッドの正式な創設日となります。
  • スクワッドに指定された試用期間は6ヶ月で、その間にスクワッドがギャリソン内で生産的かつ調和のとれた組織として運営できることを示す必要があります。
  • 最初の6ヶ月の試用期間終了後、ギャリソンのCOおよび/またはスクワッドリーダーは、スクワッドの活動をギャリソンに発表します。ギャリソン隊員は、単純多数決により、そのスクワッドの試用期間を通過するかどうかを投票します。投票が不成立の場合、試用期間はさらに6ヶ月延長され、その後、ギャリソンメンバーの再投票が行われます。この延長は一度しか認められません。COはLCOGに報告し、LCOGはリージョンカウンシルにスクワッドの試用期間の合格、不合格、延長を報告します。

スクワッド地位の維持

最低会員数10名を下回ったスクワッドには、12ヶ月の猶予期間が与えられ、会員数を最低会員数以上に戻すことができます。この12ヶ月の期間内に必要な会員数を回復できないスクワッドは、ギャリソンCOによって解散させられます。COはLCOGに解散を通知しなければなりません。LCOGはリージョンカウンシルに通知します。

アウトポスト(前哨隊)

既存のギャリソンの領域外にあり、ギャリソンを結成するのに十分なメンバーがいない地域では、アウトポストを結成することができます。アウトポストには1人のメンバーが必要で、アウトポストのアクティブメンバーから選出されたアウトポスト・コマンディング・オフィサー(CO)が指揮を執ります。

アウトポストの創設

新規アウトポストの申請者は、新規アウトポストの名前、501stのメイン名簿からのメンバー名簿、領土の境界、アウトポストのロゴを作成しなければなりません。新規アウトポストの名前とロゴは、既存の501stリージョンユニットの名前やロゴと類似していてはなりません。

その後、ユニット変更承認プロセスに従いますが、以下の点を明確にします。

  • 提案されたアウトポストのメンバーが、承認のための関係者になります。
  • LCOGは、提案されたメンバーの会員ステータスと、申請書の完全性を確認します。
  • LMBOは、提案されたアウトポストのロゴがブランド基準に適合しているかどうかを確認します。
  • アウトポストの試用期間は12ヶ月と定められており、その間に独立した組織として運営できることを証明しなければなりません。

アウトポスト地位の維持

アクティブなメンバーが全員いなくなったアウトポストは、1年間は非アクティブなアウトポストとみなされます。アウトポストにメンバーが増えたり、活動を停止していたメンバーが再び活動を開始した場合、そのアウトポストは遅滞なく活動中とみなされます。1年間活動していないアウトポストは放棄されたとみなされ、その地域に新たにアウトポスト設置する場合は、新たな申請が必要となります。

デタッチメント(特別分遣隊)

デタッチメントは、リージョンのコスチューム・レファレンス・ライブラリー(CRL)の特定のコスチューム・カテゴリーの品質と認知度を向上させるための特別なテーマのユニットです。これらのユニットは、リージョン内外のコスチューマーのためのリソースとして機能します。そのため、ウェブサイトやフォーラムには、公開エリアと501st専用エリアがあります。これらのエリアへのアクセスとそこでの礼儀作法のポリシーは、リージョンのメンバーシップとフォーラムのポリシーによって決定されます。

デタッチメントには5人のメンバーが必要であり(デタッチメントのメンバーは次の項で定義される)、デタッチメントのアクティブメンバーによって選出されるデタッチメント・リーダー(DL)が率いることになります。

正式なデタッチメントへの所属は、リージョンメンバーが501stのアクティブメンバーであること、デタッチメントが示す適格なコスチュームを所有していること、そしてプロフィールに対応するデタッチメントの所属があることを必要とします。資格のあるコスチュームを所有しているかどうかは、毎年、リージョンの年次調査の一環として確認されます。デタッチメントへの所属は任意であり、1人のリージョンメンバーが複数のデタッチメントに所属することも可能です。デタッチメントへの所属は、リージョンメンバーが会員データベースのプロフィールで開始し、デタッチメントフォーラムのアカウントを作成し、そのデタッチメントのプロセスに従って「デタッチメント所属」の人のフォーラムへのアクセス権を獲得し、各選挙年度内に少なくとも1回はデタッチメントフォーラムに参加することが必要です。

デタッチメントの創設

新規デタッチメントの申請者は、新規デタッチメントの名称、新規デタッチメントに含まれるコスチュームの名簿、およびデタッチメントのロゴを作成しなければなりません。新デタッチメントの名称とロゴは、既存の501stリージョンユニットの名称やロゴと類似してはなりません。

その後、ユニット変更承認プロセスに従いますが、以下の点を明確にします。

  • デタッチメントの提案されたメンバーは、承認のための関係者となります。
  • LCOGは、提案されたメンバーの会員ステータスと、申請書の完全性を確認します。
  • LMBOは、提案されたデタッチメントのロゴがブランド基準に適合しているかどうかを確認します。
  • LMO は、そのコスチュームが適格であり、既存のデタッチメントコスチュームの適用範囲を侵害していないことを確認します。
  • デタッチメントの指定された試用期間は12ヶ月で、その間にデタッチメントが独立した組織として運営できることを証明しなければなりません。

ユニット変更承認プロセス

ユニット変更承認プロセスは、以下のアクションに適用されます。

  • 新規ユニットの創設(スクワッドを除く)
  • ユニット名の変更
  • 最低限のメンバー数を維持できない以外の理由によるユニットの解散(この場合、必要に応じてテリトリーやメンバーを新しいユニットに移譲する計画を含める必要があり、これらの新しいユニットは承認ステップで定義された「関与するユニット」とみなされます)。

これらの変更については、承認のための以下のプロセスが行われます。

  1. 関与するユニットCOの承認
  2. 関与するユニットのメンバーの単純多数決投票による承認
  3. リージョンコマンドへの変更要求の提出
  4. プロセスの完全性、コンプライアンス、および必要なIT変更を実施するためのリージョンコマンドによるレビュー
  5. 単純多数決によるリージョンカウンシルの承認。否決された場合、12ヶ月間は変更要求を再提出できません。

新たに創設されたユニットについては、試用期間終了時に、単純多数決で試用期間終了の投票を行います。カウンシルによる観察終了の投票が否決に終わった場合、観察期間は6ヶ月延長され、その後再度カウンシル投票が行われます。カウンシル投票で否決された場合、そのユニットは解散となり、12ヶ月間再申請ができなくなります。ギャリソン創設の場合は、メンバーは元のアウトポストまたは元のギャリソンに戻されます。

以下の変更については、上記のステップ1~4のみを完了し、リージョンカウンシルに変更を通知する必要があります。

  • 部隊間の地理的領域の移動
  • スクワッドの創設

上記の各ユニットのセクションでは、特定の状況において、上記のステップをさらに明確にしたり、制限したりすることができます。

メンバーの所属

メンバーのユニットへの所属は、デフォルトでは地理的境界線とメンバーの主な居住地に基づいています。メンバーは、以下の条件のもと、別のユニットへの所属変更を申請することができます。

  • メンバーが、物理的にユニットの所在地に移動することなく、新しいユニットへの移籍を希望する場合。
    • メンバーが移籍を希望する場合は、電子メールでリクエストを提出する必要があります。リクエストは、現在のユニットCOとLCOGオフィスに送らなければなりません。
    • LCOGオフィスはすべての異動リクエストを監視し、移籍を要請したメンバーに関する過去/現在の懲戒処分について新ユニットのCOに助言することができます。
    • 現在のユニットのCOには、移籍手続きを実行する前に、移籍先ユニットのリーダーにフィードバックを提供するための最長14日間の猶予が与えられます。
    • 移籍先ユニットのCOの同意が得られた場合のみ、LCOG事務局は移管を進め、会員データベースを更新し、関係者全員に通知します。
    • メンバーは、情状酌量の必要がある場合や、物理的に他のユニットの地理的境界に移動した場合を除き、移籍日から1年間は他のユニットの変更を申請することができません。リクエストはLCOGオフィスによってケースバイケースで検討され、その決定は最終的なものとなります。
  • メンバーが物理的に他のユニットの地理的境界に移動した場合。
    • メンバーは、LCOGに対し、単純管理作業として、ユニットのCOの合意を得ることなく移籍を要求することができ、その通知はLCOG事務局から関係するユニットのCOに送られます。-または-
    • ユニットのCOは、LCOGに移籍を要請することができますが、その場合、LCOGはメンバーの意見を聞いた上で、移籍の必要性を判断する必要があります。LCOGがメンバーを移籍させるべきと判断した場合、LCOG事務局から関係するユニットリーダーに通知が送られます。

第6節:リージョン・オフィサー

この項目の原文(英語)

全てのリージョンコマンドのオフィサーは、リージョン・コマンディング・オフィサーによって任命され、各オフィサーは就任前にリージョンカウンシルの単純過半数投票によって承認されなければなりません。選出されていない全てのリージョン管理オフィサーは、それぞれの選出された主席役員によって任命され、それぞれの主席は就任前にリージョンカウンシルの単純過半数投票によって確認されなければなりません。全てのリージョン・オフィサーの役職は、憲章第VI条「リージョン・オフィサー」に記載されていることが求められます。ギャリソン、アウトポスト、スクワッド、デタッチメントの各レベルではそのような確認は必要ありません。

任命されたオフィサーは、任命する選出オフィサーの裁量で勤務し、任命したオフィサーが退任した時点で任務を解かれることになります。次期オフィサーは、彼らを続投するか、交代させるかを選択することができます。

新しいリージョンコマンド役職またはリージョン管理役職の設立

リージョン憲章の第6条に基づいて、現在存在していないリージョンコマンド役職または管理役職が創設される場合、トライアル期間を設けることができます。トライアルが成功したとみなされた場合、新しい役職を創設することができます。新しい役職が創設される手順は以下の通りです。

  • LCOは、以下の情報を含む提案書をリージョンカウンシルに提出します。
    • 新役職の名称
    • 新しい役職に必要なリージョンアクセス。(訳注:リージョンフォーラムのアクセス権と思われます。)
    • 要求されるトライアル期間。最低でも3ヶ月、最長でも6ヶ月とします。
    • 新役職の理由と必要性、リージョンのどのエリアに影響があるか、他の役職に影響があるかなど、新役職の説明。
    • トライアルに着任する役員候補の提案。候補者の確定はトライアルの承認投票で行われます。
    • この提案には、さらに、第6条に役職を追加する場合に第6条で使用する文言を含めるものとする。
  • 提案書をリージョンカウンシルに提出した後、カウンシルは5日間の議論を行います。
  • 議論の期間の後、提案された候補オフィサーでトライアルを行うため、単純多数決の投票が行われます。この投票は5日間行われます。
  • 新しい役職のトライアル期間は、提出された提案書に記載された期間と条件の下で、投票が成功した時点から開始されます。
  • 新オフィスの進捗状況を評価した月次報告書をリージョンカウンシルに発行します。
  • 新しい役職やそのオフィサーが、リージョン細則の精神に則って運営されていないと判断された場合には、トライアルの期間中いつでもリージョン・キャプテン・オブ・ザ・ガードによってトライアルを一時停止することができます。この場合、LCOGはその理由をカウンシルに説明し、リージョンカウンシルにトライアルを継続するか、トライアルを早期に終了するかを単純過半数で投票させます。
  • トライアルの全期間が終了した時点で、LCOは単純多数決により最長6ヶ月間の試験継続を要請することができます。この要求は一度だけ行うことができます。
  • トライアル継続が要求されない場合、またはカウンシルがトライアル継続を認めない場合、LCOは新しい役職を憲章の第6条に追加する提案を提出することができます。この提案は、リージョン憲章第8条に記載されている通常の規則とガイドラインに従うものとします。
  • トライアルが上記のいずれかのステップを正常に完了しなかった場合、12ヶ月以内に同じ役職に対して再度トライアルを行うことはできません。

第7節:カウンシル(評議会)

この項目の原文(英語)

リージョンカウンシルは501stの最高立法機関であり、リージョン・コマンディング・オフィサー、アウトポスト・コマンディング・オフィサー、ギャリソン・コマンディング・オフィサー、およびそれらの第2議席任命者で構成されます。各評議員は、投票権のある役職の数に関わらず、評議会で1票以上の投票権を持ちません。

カウンシルの議席と投票権の配分は以下の通りです。

  • リージョン・コマンディング・オフィサー:投票権つきの1議席
  • リージョン・エグゼクティブ・オフィサー:投票権つきの1議席
  • リージョン憲章第4条に示されたその他のリージョン・オフィサー:投票権なしの1議席
  • デタッチメント・リーダー:投票権なしの1議席
  • アウトポスト/ギャリソン:
    • 12人以下のユニット:投票権なしの1議席
    • 13人〜24人のユニット:投票権つきの1議席と投票権なしの1議席
    • 25人以上のユニット:投票権つきの2議席

第8節:コスチューム基準

この項目の原文(英語)

コスチューム・リファレンス・ライブラリー(CRL)

コスチューム・リファレンス・ライブラリーは、メンバーやギャリソンのメンバーシップ・リエゾン(GML)がコスチュームを作成したり検討したりする際に役立つビジュアルガイドのコレクションです。ライブラリー全体、およびライブラリー内の個々の記載は、一般的に "CRL "と呼ばれています。

各CRLには、GMLにコスチュームが承認されるための最低限の条件が記載されていますが、より正確なコスチュームの製作を希望するメンバーを支援するために、2段階までの追加承認項目が含まれています。個々のCRLエントリーは、承認に必要なコスチュームの構成要素を詳細に説明するためのテキストと画像で構成されています。

CRLは以下の状態のライブラリに表示されることがあります。

  • Requires Legion Approval (RLA。リージョンの承認が必要):参照画像やテキストが完全ではないCRL。これらのコスチュームは、デタッチメントの専門家の指導のもと、LMOによる承認が必要です。
  • Ready for GML Approval(GML承認の準備完了):この状態のCRLは、ローカルGML承認の準備ができています。

リージョンの新コスチュームを含むRLAステータスの承認済みコスチュームは、CRLが完成しGMLの承認が可能になった時点で改良する必要があります。

  • 会員は、最終的なCRL基準を満たすべくコスチュームを修正改良するために、6ヶ月の猶予期間を持つものとします。
  • 修正完了後、ローカルユニットのGMLは、すべての必要な変更がなされたことを確認するためにコスチュームを見直します。
  • 6ヶ月の期間終了までに修正が完了しない場合、現地部隊の指揮官が延長を認めない限り、そのコスチュームは現地部隊によって申請未了のまま終了と扱われます。

CRLの開発

コスチュームの基準は、LMOの監督の下、各デタッチメントが作成します。(コスチュームが)デタッチメントに属していない場合、LMO はメンバーと直接協力して基準を作成するものとします。

デフォルトでは、デタッチメント・リーダーが LMO に対する CRL のリエゾンとなる。デタッチメント・リーダーは、必要に応じて 1 名以上のデタッチメント・メンバーを CRL リエゾンとして指名することができます。

  • デタッチメントの CRLリエゾンは、会員からのフィードバックを募り、そのフィードバックを利用して、リージョンに期待される品質レベルを維持しつつ、公正で達成可能な基準を策定するものとします。
  • デタッチメントの CRLリエゾンは、進行中のコンテンツとして 501st.com に直接公開するか、LMOチームに変更を提出することができます。
  • LMO は CRLエントリをレビューし、その内容が正確であり、許容できるレベルのガイダンスを示していることを確認します。
  • 完成したCRLは、LMO によってリージョン会員データベースに承認済みと表示され、今後の編集ができないようにロックされます。以下の「CRL の改訂」を参照)。
  • 新しいコスチュームがデータベースに追加されるためには、リージョン・メンバーシップ・オフィサー(LMO)により、501stに含めることが許容されると確認される必要があります。

CRLの改訂

CRLが完成した後は、変更の頻度は低いと考えられます。しかし、これらは流動的な文書であり、定期的な見直しが必要となる場合があります。デタッチメント・リーダーおよび/またはLMOチームは、以下の条件のもと、必要に応じてこのような見直しを開始することができます。

  • 基準の実質的な変更(コスチュームの要件の変更)は、全てのGMLに通知されなければなりません。
  • 実質的でない変更(文法、句読点、テキストフォーマット、画像の差し替え)は、LMOがいつでも行うことができます。
  • すべての変更は、LMOが確認し、承認する必要があります。


Revised by Kasiusa 02-06-2024
日本語翻訳ページ修正 by TK6904 02-06-2024


誤訳など、お気づきの点があれば天島(TK6904/GWM)までお知らせください。
※内容は絶えず更新されています。確実な最新情報は本部の原文でご確認ください。